発表論文


Books

D. Isobe: Unified Solution Scheme for Inverse Dynamics of Robotic Systems, Progress in Autonomous Robot Research (Editor: F.N. Mortensen), Nova Science Publishers, ISBN:978-1-60456-281-1, pp.125-173, 2008.

D. Isobe: A Torque Cancelling System for Quick-Motion Robots, Intelligent Mechatronics (Editor: Ganesh Naik), InTech, ISBN:978-953-307-300-2, pp. 21-40, 2011.Open Access

竹脇 出,浅岡 泰彦,朝川 剛,寒野 善博,伊藤 拓海,福田 隆介,磯部大吾郎,高田 豊文,山川 誠,曽我部博之,中村 尚弘,趙 衍剛: 建築構造設計における冗長性とロバスト性(日本建築学会編), 第7章 数値解析に基づいた高層建築物の冗長性評価, 応用力学シリーズ12, 丸善, ISBN:978-4-8189-0611-2, pp. 84-98, 2013.

磯部大吾郎(共著),東日本大震災合同調査報告 機械編, 第4章 力学体系に基づく津波被害メカニズムの理解, 東日本大震災合同調査報告書編集委員会, 丸善,ISBN:978-4-88898-232-0, 2013.

八木 勇治,大澤 義明(編著),磯部大吾郎(共著),巨大地震による複合災害, 第6章 地震による建物の崩壊挙動を再現する, 筑波大学出版会,ISBN:978-4-904074-38-1, 2015.

D. Isobe: Simulating Collapse Behaviors of Buildings and Motion Behaviors of Indoor Components During Earthquakes, Earthquakes - Tectonics, Hazard and Risk Mitigation (Editor: Taher Zouaghi), InTech, ISBN:978-953-51-2885-4, pp. 341-363, 2017. Open Access

D. Isobe: Progressive Collapse Analysis of Structures: Numerical Codes and Applications, Elsevier, eBook ISBN: 9780128130421, Paperback ISBN: 9780128129753, 2017. Elsevier

磯部大吾郎(共著),爆発・衝撃作用を受ける土木構造物の安全性評価,第1編,第14章,偶発的荷重を受ける建物の進行性崩壊について, 土木学会構造工学シリーズ27, 丸善,ISBN:978-4-8106-0940-0, 2017.

D. Isobe and S. Tanaka: Damage Estimation of a Steel-Framed Building under Tsunami Flow Occurring after Earthquake, Earthquakes - Forecast, Prognosis and Earthquake Resistant Construction (Editor: Valentina Svalova), InTech, ISBN:978-1-78923-950-8, pp. 229-248, 2018. Open Access

HOMEへ TOPへ


Journals

Y. Toi and D. Isobe: Static and Dynamic Finite Element Analysis of Transformation Toughening in Ceramic Materials, Engineering Fracture Mechanics, Vol.42, No.6, (1992), pp.911-924. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 骨組構造の有限要素崩壊解析における順応型 Shifted Integration 法, 日本造船学会論文集, 第171号, (1992), pp.363-371. abstract

Y. Toi and D. Isobe: Adaptively Shifted Integration Technique for Finite Element Collapse Analysis of Framed Structures, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol.36, (1993), pp.2323-2339. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 順応型 Shifted Integraion 法による骨組構造の座屈崩壊挙動の有限要素解析, 日本造船学会論文集, 第174号, (1993), pp.469-477. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 順応型 Shifted Integration 法による骨組構造の動的崩壊挙動の有限要素解析, 日本造船学会論文集, 第175号, (1994), pp.299-306. abstract

Y. Toi and D. Isobe: Finite Element Analysis of Quasi-Static and Dynamic Collapse Behaviors of Framed Structures by the Adaptively Shifted Integration Technique, Computers and Structures, Vol.58, No.5, (1996), pp.947-955. abstract

磯部大吾郎, 都井 裕: 順応型 Shifted Integration 法による脆性骨組構造体の動的崩壊挙動の有限要素解析, 日本造船学会論文集, 第180号, (1996), pp.471-478. abstract

磯部大吾郎, 森下 真臣: ASI有限要素法による大規模宇宙骨組構造のデブリ衝突解析, 日本機械学会論文集 (A編), 第64巻, 第627号, (1998), pp.2726-2733. abstract

D. Isobe and H. Nakagawa: A Parallel Control System for Continuous Architecture Using Finite Element Method, Journal of Intelligent Material Systems and Structures, Vol.9, No.12, (1998), pp.1038-1045. abstract

磯部大吾郎, 中川 恒: FEMによる圧電アクチュエータ集合体のリアルタイム並列制御, 日本機械学会論文集 (A編), 第65巻, 第629号, (1999), pp.120-126. abstract

D. Isobe and H. Nakagawa: Real-Time Parallel Control of Connected Piezoelectric Actuators by Using FEM, JSME International Journal Series A, Vol.43, No.1, (2000), pp.19-25. abstract

D. Isobe and Y. Toi: Analysis of Structurally Discontinuous Reinforced Concrete Building Frames Using the ASI Technique, Computers and Structures, Vol.76, No.4, (2000), pp.471-481. abstract

D. Isobe, H. Nakamura and R. Shimizu: Real-time FEM Control System for Connected Piezoelectric Actuators, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.12, No.2, (2000), pp.172-179. abstract

磯部大吾郎, 中村 博,清水 隆太: 圧電アクチュエータ集合体のリアルタイムFEM制御システムの開発, 日本機械学会論文集 (A編), 第66巻, 第645号, (2000), pp.861-866. abstract

磯部大吾郎, 竹内 裕喜,上田 健夫: 超冗長マニピュレータの関節トルク算出法 -FEMを用いた理論の展開-, 日本計算工学会論文集, 第2巻,(2000), pp.73-78. abstract

D. Isobe: Seismic Damage Analysis of Reinforced Concrete Buildings Considering Member Fracture, Journal of the Mechanical Behavior of Materials, Vol.11, Nos.1-3, (2000), pp.63-68. abstract

Y. Fujii, D. Isobe, S. Saito, H. Fujimoto and Y. Miki: A Method for Determining the Impact Force in Crash Testing, Mechanical Systems and Signal Processing, Vol.14, No.6, (2000), pp.959-965. abstract

磯部大吾郎, 藤井 雄作,斎藤 聡: エアスライド型衝突試験機による動荷重計測値の実験的および解析的評価, 日本機械学会論文集 (A編), 第67巻, 第657号, (2001), pp.799-806. abstract

磯部大吾郎,津田 真啓: 有限要素法によるRC骨組構造の地震崩壊解析コードの開発, 構造工学論文集, Vol.48B, (2002), pp.385-394. abstract

磯部大吾郎: 有限要素法を用いたリンク機構の逆動力学計算, 日本ロボット学会誌, Vol.20, No.6, (2002), pp.647-653. abstract

磯部大吾郎, 工藤 篤博: 圧電フィルムを用いた薄肉円筒殻の制振(センサ/アクチュエータとしての最適長さの導出および評価), 日本機械学会論文集 (C編), 第68巻, 第673号, (2002), pp.2665-2672. abstract

D. Isobe, D. Imaizumi, Y. Chikugo and S. Sato: A Parallel Solution Scheme for Inverse Dynamics and Its Application in Feed-forward Control of Link Mechanisms, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.15, No.1, (2003), pp.1-7. abstract

D. Isobe, D. Imaizumi and A. Yagi: A Parallel Solution Scheme for Inverse Dynamics of Link Mechanisms, JSME International Journal Series C, Vol.46, No.2, (2003), pp.766-771. abstract

D. Isobe and M. Tsuda: Seismic Collapse Analysis of Reinforced Concrete Framed Structures Using the Finite Element Method, Earthquake Engineering and Structural Dynamics, Vol.32, No.13, (2003), pp.2027-2046. abstract

磯部大吾郎,石井悠一郎: 構造強度に着目したロボット機構の姿勢決定および動作計画, 日本ロボット学会誌, Vol.22, No.1, (2004), pp.75-82. abstract

磯部大吾郎, 今泉 大作: リンク系の部材剛性に依存しない統一的逆動力学計算法, 日本機械学会論文集 (C編), 第70巻, 第691号, (2004), pp.728-735. abstract

磯部大吾郎, チョウ ミョウ リン: 飛行機の衝突に伴う骨組鋼構造の崩壊解析, 日本建築学会構造系論文集, 第579号, (2004), pp.39-46. abstract

D. Isobe: A Unified Solution Scheme for Inverse Dynamics, Advanced Robotics, Vol.18, No.9, (2004), pp.859-880. abstract

磯部大吾郎, チョウ ミョウ リン: ASI-Gauss法による世界貿易センタービルの飛行機衝突解析, 日本建築学会構造系論文集, 第600号, (2006), pp.83-88. abstract

D. Isobe and Y. Moriya: A Finite Element Scheme for Impact Force Prediction of Robotic Mechanisms, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.18, No.3, (2006), pp.340-346. abstract

D. Isobe, A. Yagi and S. Sato: General-Purpose Expression of Structural Connectivity in the Parallel Solution Scheme and Its Application, JSME International Journal Series C, Vol.49, No.3, (2006), pp.789-798. abstract

磯部大吾郎, 江口 正史,今西 健介,佐々木嗣音: 骨組構造の爆破解体解析・実験システムの開発, 日本建築学会構造系論文集, 第612号, (2007), pp.73-78. abstract

K.M. Lynn and D. Isobe: Finite Element Code for Impact Collapse Problems of Framed Structures, International Journal for Numerical Methods in Engineering, Vol.69, No.12, (2007), pp.2538-2563. abstract

D. Isobe and A. Komatsu: Motion Planning of Manipulators Regarding Structural Safety as a Prior Condition, Advanced Robotics, Vol.21, No.5, (2007), pp.533-554. abstract

K.M. Lynn and D. Isobe: Structural Collapse Analysis of Framed Structures under Impact Loads using ASI-Gauss Finite Element Method, International Journal of Impact Engineering, Vol.34, No.9, (2007), pp.1500-1516. abstract

磯部大吾郎,加藤 昭博: フレキシブル・リンク系のモデルベースド・フィードフォワード制御, 日本ロボット学会誌, Vol.25, No.4, (2007), pp.625-631. abstract

D. Isobe and A. Kato: Feedforward Control of Flexible Link Systems using Parallel Solution Scheme, International Journal of Robotics and Automation, Vol.23, No.1, (2008), pp.31-39. abstract

磯部 大吾郎, 松井 康将, 近藤 健介: 並列的逆動力学計算法を用いたトルクキャンセリングシステムの開発, 日本機械学会論文集C編, Vol. 77, No. 775, (2011), pp.785-798. abstract

磯部 大吾郎, 北村 悠人: 並列的逆動力学計算法を用いた劣駆動リンク系の動力学補償, 日本機械学会論文集C編, Vol. 77, No. 775, (2011), pp.799-812. abstract

臼井 基文, 脇田 和紀, 近藤 健介, レ ティ タイ タン, 松井 康将, 磯部 大吾郎: 宇宙用大型展開アンテナの熱変形抑制手法について, 日本機械学会論文集C編, Vol. 77, No. 777, (2011), pp.2107-2119. abstract

磯部大吾郎, レティタイタン: 高層建築物の火災時崩壊挙動に関する数値解析的検証, 日本建築学会構造系論文集, 第76巻, 第667号, (2011), pp.1659-1664. abstract

T. Miyamura, M. Ohsaki, M. Kohiyama, D. Isobe, K. Onda, H. Akiba, M. Hori, K. Kajiwara and T. Ine: Large-Scale FE Analysis of Steel Building Frames Using E-Simulator, Progress in Nuclear Science and Technology, Vol. 2, (2011), pp.651-656. abstract

D. Isobe, L. T. T. Thanh and Z. Sasaki: Numerical Simulations on the Collapse Behaviors of High-Rise Towers, International Journal of Protective Structures, Vol. 3, No. 1, (2012), pp.1-19. abstract

D. Isobe, T. Ohta, T. Inoue and F. Matsueda: Seismic Pounding and Collapse Behavior of Neighboring Buildings with Different Natural Periods, Natural Science, Vol. 4, No. 8A, (2012), pp.686-693. abstract

磯部 大吾郎, 山口 良規: ロボットアームの強度的危険性を回避する動作計画法, 日本機械学会論文集C編, Vol. 78, No. 793, (2012), pp.3239-3254. abstract

D. Isobe, W.S. Han and T. Miyamura: Verification and Validation of a Seismic Response Analysis Code for Framed Structures using the ASI-Gauss Technique, Earthquake Engineering and Structural Dynamics, Vol.42, No.12, (2013), pp.1767-1784. abstract

D. Isobe, B. Nakayama and K. Kondo: A Torque-Canceling System Using the Inverse Dynamics Parallel Solution Scheme, Advanced Robotics, Vol.28, No.2, (2014), pp.119-132. abstract

D. Isobe: An Analysis Code and a Planning Tool Based on a Key Element Index for Controlled Explosive Demolition, International Journal of High-Rise Buildings, Vol.3, No.4, (2014), pp.243-254. abstract

浅井 光輝,合田 哲朗,小國 健二,磯部 大吾郎, 樫山 和男,一色 正晴: 安定化ISPH法を用いた津波避難ビルに作用する流体力評価, 土木学会論文集A2(応用力学), Vol. 70, No. 2, (2014), pp.649-658. abstract

庄司 香織,臼井 基文,磯部 大吾郎: 日陰時における宇宙用大型展開アンテナの熱変形補正に関する数値解析的検証(第1報,熱変形補正の基礎的検討および熱変形再現解析), 日本機械学会論文集, Vol. 81, No. 830, (2015), p. 15-00351, (http://doi.org/10.1299/transjsme.15-00351). abstract

荻野 弘明,山下 拓三,金子 美香,磯部 大吾郎: 家具・什器の地震時挙動を再現する有限要素解析手法の開発, 日本建築学会構造系論文集, 第80巻, 第717号, (2015), pp.1687-1697. abstract

磯部 大吾郎,山下 拓三,田川 浩之,金子 美香,高橋 徹,元結 正次郎: 有限要素法を用いた地震時における家具の挙動解析, 日本建築学会構造系論文集, 第80巻, 第718号, (2015), pp.1891-1900. abstract

庄司 香織,臼井 基文,磯部 大吾郎: 日陰時における宇宙用大型展開アンテナの熱変形補正に関する数値解析的検証(第2報,内力制御による熱変形補正手法の検討), 日本機械学会論文集, Vol. 82, No. 836, (2016), p. 15-00637, (http://doi.org/10.1299/transjsme.15-00637). abstract

K. Shoji, D. Isobe and M. Usui: Numerical Investigations to Suppress Thermal Deformation of the Large Deployable Reflector during Earth Eclipse in Space, The Aeronautical Journal, Vol. 121, No. 1241, (2017), pp. 970-982, (https://doi.org/10.1017/aer.2017.33). abstract

大井 康平,磯部 大吾郎: キーエレメント指標を用いた火災時の建物の崩壊危険性予測, 日本建築学会構造系論文集, 第82巻, 第738号, (2017), pp.1213-1220. abstract

磯部 大吾郎,藤原 嵩士,山下 拓三,田川 浩之,佐々木 智大: 有限要素法を用いた大規模空間吊り天井の脱落被害再現シミュレーション, 日本建築学会構造系論文集, 第82巻, 第741号, (2017), pp.1727-1736. abstract

東 健太,磯部 大吾郎: キーエレメント指標に基づく建物の発破解体計画手法の開発, 日本建築学会構造系論文集, 第83巻, 第743号, (2018), pp.59-67. abstract

D. Isobe, T. Yamashita, H. Tagawa, M. Kaneko, T. Takahashi and S. Motoyui, Motion Analysis of Furniture under Seismic Excitation using the Finite Element Method. Japan Architectural Review. 2018;00:1-12. https://doi.org/10.1002/2475-8876.1015 abstract

福島 寛二, 田中 聖三, 磯部 大吾郎: 界面捕捉法による自由表面流れ-構造連成解析手法の基礎的検討, 日本計算工学会論文集, 2018 巻 2 号 p. 20182004, (2018), https://doi.org/10.11421/jsces.2018.20182004. abstract

三浦 利季, 小林 康一, 山下 拓三, 田中 聖三, 磯部 大吾郎: RC造建物内に配置した耐震家具の地震時挙動解析, 日本計算工学会論文集, 2018 巻 2 号 p. 20182005, (2018), https://doi.org/10.11421/jsces.2018.20182005. abstract

田中 聖三, 磯部 大吾郎: 津波避難ビルの損傷評価のための有限要素解析手法の構築, 日本計算工学会論文集, 2018 巻 2 号 p. 20182008, (2018), https://doi.org/10.11421/jsces.2018.20182008. abstract

我妻 光太,磯部 大吾郎: 建物の構造強度に関する評価指標を用いた進行性崩壊の危険性予測, 日本建築学会構造系論文集, 第83巻, 第744号, (2018), pp.253-263. abstract

M. M. Javidan, H. Kang, D. Isobe and J. Kim, Computationally Efficient Framework for Probabilistic Collapse Analysis of Structures under Extreme Actions, Engineering Structures, Vol. 172, 2018, pp. 440–452, https://doi.org/10.1016/j.engstruct.2018.06.022. abstract

金野 圭祐山下 拓三磯部 大吾郎:ねじ締結を有する電子装置用ラックの地震時挙動再現解析, 日本機械学会論文集, Vol. 85, No. 875, (2019), p. 19-00107 , (https://doi.org/10.1299/transjsme.19-00107). abstract

HOMEへ TOPへ


Special Topics

磯部大吾郎: 開・閉リンク機構の新しい逆動力学計算法 -機構形態に依らない統一的な手法の開発を目指して-, 画像ラボ, 日本工業出版, Vol. 12, No.8, (2001), pp. 18-22.

磯部大吾郎: WTCの崩壊要因究明を目指した航空機衝突シミュレーション, 計算工学, 日本計算工学会, Vol. 12, No.2, (2007), pp. 1551-1554.

磯部大吾郎: WTCの崩壊要因とリダンダンシーについて, 2008年度日本建築学会大会(中国)構造部門(応用力学)パネルディスカッション「建築構造設計における冗長性と頑強性の役割」資料, (2008), pp. 39-46.

磯部大吾郎: 津波による漂流物と建築構造物の衝突崩壊シミュレーション, 日本機械学会第24回計算力学講演会フォーラム,「防災・減災に向けて計算力学はいかに貢献できるか」, (2011), pp. F-82-F-83.

磯部大吾郎: 建物に生じる不安定変形, 日本機械学会第29回計算力学講演会フォーラム,「固体・構造体に生じる不安定変形」, (2016).

磯部大吾郎,荻野 弘明,大野 剛義,田中 聖三: 空間構造の破壊メカニズムの解明 -津波波力を考慮した一方向連成解析による試み-, 「シェル・空間構造」セミナー 2016 新たなる荷重に対する備え~津波・洪水・土石流~,日本建築学会 構造委員会 シェル・空間構造運営委員会 空間構造における連成・接触問題小委員会, (2016), pp. 47-56.

磯部大吾郎: ASI-Gauss法の理論と適用例 -崩壊解析はどのようにして実現されるのか-,第5回多元災害シミュレーション勉強会,日本計算工学会,筑波大学,2017年1月6日.

磯部大吾郎: 建築構造における衝撃問題,第147回衝撃部門講演会招待講演,日本材料学会,名城大学天白キャンパス,2017年5月26日.

磯部大吾郎: 偶発的荷重を受ける建物の進行性崩壊について,「爆発・衝撃 作用を受ける土木構造物の安全性評価 -希少事象に備える-」講習会,土木学会,土木学会講堂,2017年9月27日.

磯部大吾郎: 建物の進行性崩壊の発生危険度評価,建築物衝撃作用による影響と被害の低減対策に関する研究会,日本建築学会,建築会館,2017年11月28日.

磯部大吾郎: 建物の崩壊現象に出現する不確かさについて,多元災害シミュレーション研究会と不確かさのモデリング・シミュレーション法に関する研究会の合同研究会,東北大学,2019年12月27日.

HOMEへ TOPへ


Bulletins

都井 裕, 磯部大吾郎: 骨組構造の塑性崩壊解析のための Shifted Integration 法におけるアダプティブ手法, 生産研究, 第44巻, 第3号, (1992), pp.146-149. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 順応型 Shifted Integraion 法による骨組構造の座屈崩壊解析, 生産研究, 第45巻, 第9号, (1993), pp.662-665. abstract

Y. Toi and D. Isobe: Adaptively Shifted Integration Technique for Nonlinear Finite Element Analysis of Large-Scale Framed Structures, Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.27, (1994), pp.13-19. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 順応型 Shifted Integraion 法による大規模骨組構造の耐震強度解析, 生産研究, 第46巻, 第10号, (1994), pp.505-508. abstract

D. Isobe and Y. Toi: Finite Element Analysis of Blast Demolition of Framed Structures by Using the ASI Technique, Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.28, (1995), pp.133-141. abstract

磯部大吾郎, 都井 裕: 順応型 Shifted Integration法による骨組構造の爆破解体挙動の有限要素解析(その1 理論), 生産研究, 第48巻, 第5号, (1996), pp.283-286. abstract

磯部大吾郎, 都井 裕: 順応型 Shifted Integration法による骨組構造の爆破解体挙動の有限要素解析(その2 数値例), 生産研究, 第48巻, 第5号, (1996), pp.287-289. abstract

磯部大吾郎, 都井 裕: ASI法によるRC骨組構造体の地震崩壊挙動の有限要素解析, 生産研究, 第48巻, 第11号, (1996), pp.527-530. abstract

HOMEへ TOPへ


Plenary Lectures, Keynote Lectures

D. Isobe and K. Kuroda: Numerical Simulation on Collapse Behaviors of CTV Building Caused by the 2011 New Zealand Earthquake, Thematic Plenary Lecture, Abstracts of the International Conference on Computational Methods (ICCM2015), (2015), Auckland, New Zealand. abstract

D. Isobe: A Finite Element Approach to Analyze Large-Scale Collapse Behaviors of Buildings and Motion Behaviors of Non-Structural Components, Semi Plenary Lecture, Proceedings of the 12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII), (2016), Seoul, Korea. abstract

D. Isobe: Large-Scale Collapse Analyses of Buildings and Motion Analyses of Non-Structural Components within Them, Thematic Plenary Lecture, Abstracts of the International Conference on Computational Methods (ICCM2016), (2016), Berkeley, CA, USA. abstract

D. Isobe, K. Oi and K. Azuma: Risk Estimation for Progressive Collapse of Buildings, Keynote Lecture, 12th International Conference on Shock & Impact Loads on Structures (SILOS2017), 15-16 June 2017, Singapore. abstract

D. Isobe and S. Tanaka: Collapse Analysis of a Steel Frame Building under Tsunami Flow, Keynote Lecture, Proceedings of the 7th International Conference on Protection of Structures against Hazards (PSH2018), (2018), Hanoi, Vietnam. abstract

D. Isobe and S. Tanaka: Damage Estimation of a Steel-Framed Building under Tsunami and Debris Flow, Keynote Lecture, Proceedings of the 7th Asia-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), (2019), Taipei, Taiwan. abstract

HOMEへ TOPへ


International Conference Proceedings

Y. Toi and D. Isobe: Adaptively Shifted Integration Technique for Finite Element Collapse Analysis of Framed Structures, Proceedings of the International Conference on Computational Engineering Science (ICCES'92), (1992), Hong Kong.

Y. Toi and D. Isobe: Adaptively Shifted Integration Technique for Nonlinear Finite Element Analysis of Framed Structures, Proceedings of the 3rd World Congress on Computational Mechanics (WCCM3), (1994), Chiba, Japan, pp.1682-1683. abstract

D. Isobe: Seismic Damage Analysis of Reinforced Concrete Buildings with Fractures, Abstracts of the Second Euroconference and International Symposium on Material Instabilities in Deformation and Fracture, (1997), pp.23-24, Thessaloniki, Greece. abstract

D. Isobe and Y. Toi: ASI Finite Element Analysis of Dynamic Collapse Behaviors of Framed Structures Considering Member Fracture, CD-ROM Proceedings of the 4th World Congress on Computational Mechanics (WCCM4), (1998), Buenos Aires, Argentina. abstract

D. Isobe and M. Morishita: Impact Analysis of Space Structure due to Collision with Hypervelocity Space Debris by Using ASI-FEM, Proceedings of the International Conference on Computational Engineering Science (ICCES'98) -Modeling and Simulation Based Engineering-, Vol.2, (1998), pp.1114-1119, Atlanta, USA. abstract

D. Isobe, H. Nakamura, R. Shimizu and H. Nakagawa: Development of Piezoelectric Actuator Control System Using FEM, Proceedings of the 1st International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'99), Vol.1, (1999), pp.863-868, Seoul, Korea. abstract

Y. Fujii, D. Isobe, S. Saito, H. Fujimoto and Y. Miki: A Method for Determining the Impact Force in Crash Testing, Proceedings of the 18th International Modal Analysis Conference, Vol.2, (2000), pp.1672-1677, San Antonio, USA. abstract

D. Isobe, H. Takeuchi and T. Ueda: A Finite-Element Approach to Control Link Mechanisms: Its Concept and Basic Simulation, Proceedings of the International Conference on Computational Engineering Science (ICCES2000) -Advances in Computational Engineering and Sciences-, Vol.2, (2000), pp.1648-1653, Los Angeles, USA. abstract

D. Isobe and M. Tsuda: Development of Seismic Damage Finite Element Code for Reinforced Concrete Framed Structures, Proceedings of the International Conference on Computational Engineering Science (ICCES'01), (2001), Puerto Vallarta, Mexico. abstract

D. Isobe: Deriving Inverse Dynamics of Open/Closed Loop Mechanisms: A Unified Approach Using Finite Element Method, Proceedings of the First Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM'01), (2001), Sydney, Australia. abstract

D. Isobe: A Unified Numerical Scheme for Calculating Inverse Dynamics of Open/Closed Link Mechanisms, Proceedings of the 27th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON'01), (2001), pp.341-344, Denver, USA. abstract

D. Isobe: A Finite Element Scheme for Calculating Inverse Dynamics of Link Mechanisms, Abstracts of the 5th World Congress on Computational Mechanics (WCCM5), (2002), pp.II-658, Vienna, Austria. abstract

D. Isobe and M. Tsuda: Development of Seismic Damage Finite Element Code for Reinforced Concrete Framed Structures, CD-ROM Proceedings of the 2nd International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'02), (2002), Busan, Korea. abstract

D. Isobe and D. Imaizumi: A Parallel Solution Scheme of Inverse Dynamics for Flexible Manipulators, Proceedings of the 9th IASTED International Conference on Robotics and Applications (RA2003), (2003), pp.106-111, Salzburg, Austria. abstract

D. Isobe, Y. Chikugo, D. Imaizumi, S. Sato and A. Yagi: Feed-Forward Control of Link Mechanisms under Various Boundary Conditions by Using a Parallel Solution Scheme, Proceedings on 2003 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2003), (2003), pp.2773-2778, Las Vegas, USA. abstract

K.M. Lynn and D. Isobe: Structural Collapse Analysis of Framed Structures under Impact Loads Using ASI-Gauss Finite Element Method, Proceedings on 1st International Conference on Design and Analysis of Protective Structures against Impact/Impulsive/ShockLoads (DAPSIL2003), (2003), pp.371-387, Tokyo, Japan. abstract

D. Isobe and K.M. Lynn: A Finite Element Code for Structural Collapse Analyses of Framed Structures under Impact Loads, CD-ROM Proceedings on 4th European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering (ECCOMAS 2004), (2004), Jyvaskyla, Finland. abstract

D. Isobe and S. Sato: Force Control of Link Systems Using the Parallel Solution Scheme, Proceedings of the 10th IASTED International Conference on Robotics and Applications (RA2004), (2004), pp.239-244, Hawaii, USA. abstract

D. Isobe and A. Yagi: General-Purpose Expression of Structural Connectivity in the Parallel Solution Scheme of Inverse Dynamics, Proceedings on 2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2004), (2004), pp.3513-3518, Sendai, Japan. abstract

D. Isobe: Finite Element Analysis of Blast Demolition of Framed Structures by Using the ASI Technique, Invited talk in Workshop Abbruchsprengen, University of Karlsruhe, (2004), Karlsruhe, Germany.

D. Isobe and K.M. Lynn: Aircraft Impact Analysis of New York World Trade Center Tower by Using the ASI-Gauss Technique, CD-ROM Proceedings of the International Conference on Computational and Experimental Engineering and Sciences (ICCES'05) -Advances in Computational and Experimental Engineering and Sciences-, (2005), pp.1212-1217, Chennai, India. abstract

D. Isobe, M. Eguchi, K. Imanishi and Z. Sasaki: Verification of Blast Demolition Problems Using Numerical and Experimental Approaches, Proceedings of the Joint International Conference on Computing and Decision Making in Civil and Building Engineering (ICCCBE'06), (2006), pp.446-455, Montreal, Canada. abstract

D. Isobe, Z. Sasaki and K.M. Lynn: Full Model Analysis of Aircraft Impact Event at World Trade Center Using ASI-Gauss Technique, Abstracts of the 7th World Congress on Computational Mechanics (WCCM7), (2006), Los Angeles, USA. abstract

T. Ine, D. Isobe, N. Katahira and K. Kajiwara: Dynamic Collapse Analysis for Elasto-plastic Behaviors of the Steel Frame under Seismic Loads using ASI-Gauss Technique, Abstracts of the International Conference on Computational Methods (ICCM2007), (2007), Hiroshima, Japan. abstract

D. Isobe and N. Katahira: A Dynamic Finite Element Code for Analyzing Collapse Behaviors of Framed Structures under Seismic Loads, CD-ROM Proceedings of the ECCOMAS Thematic Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering (COMPDYN2007), (2007), Crete, Greece. abstract

D. Isobe and Z. Sasaki: Aircraft Impact Analyses of the World Trade Center Towers, CD-ROM Proceedings of the 1st International Workshop on Performance, Protection, and Strengthening of Structures under Extreme Loading (PROTECT2007), (2007), Whistler, Canada. abstract

D. Isobe and Z. Sasaki: Aircraft Impact Simulation of the WTC tower for Investigation on True Cause of the Total Collapse, Proceedings of the 2nd Korea-Japan Workshop on Computational Engineering, (2007), pp.293-302, Seoul, Korea. abstract

D. Isobe and K. Yamanaka: Development of a Unified Feed-Forward Control System for Robotic Mechanisms using Finite Element Approach, CD-ROM Proceedings of APCOM'07-EPMESC XI, (2007), Kyoto, Japan. abstract

D. Isobe: An Adaptive Finite Element Code Using Linear Timoshenko Beam Elements and Its Applications, CD-ROM Proceedings of 6 th International Conference on Computation of Shell and Spatial Structures (IASS-IACM2008), (2008), Ithaca, New York USA. abstract

D. Isobe and T. Omuro: Fire-Induced Collapse Analyses of High-Rise Towers using ASI-Gauss technique, Abstracts of the 8th World Congress on Computational Mechanics (WCCM8), (2008), Venice, Italy. abstract

T. Sonoda, K. Ishii and D. Isobe: Dynamics Computation of Link Mechanisms Employing COG Jacobian, Proceedings of IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2008), (2008), Xi'an, China. abstract

T. Sonoda, K. Ishii and D. Isobe: Unified Dynamics Calculation employing COG Jacobian for Link Mechanisms, Proceedings of Joint 4th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 9th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS & ISIS 2008), (2008), Nagoya, Japan. abstract

D. Isobe: Numerical Simulations for Investigation on True Cause of the Total Collapse of the WTC Towers, Proceedings of International Symposium on Structures under Earthquake, Impact, and Blast Loading 2008 (IB'08), (2008), pp. 157-164, Osaka, Japan. abstract

N. Katahira, D. Isobe, T. Ine and K. Kajiwara: Development of Macro-Model Seismic Collapse Simulator for Framed Structures using ASI-Gauss Technique, CD-ROM Proceedings of the 14th World Conference on Earthquake Engineering (14WCEE), (2008), Beijing, China. abstract

D. Isobe, K. Yamanaka and Y. Kitamura: Inverse Dynamics Calculation of Underactuated Link Systems Using Parallel Solution Scheme, Proceedings of the 34th Annual Conference of the IEEE Industrial Electronics Society (IECON'08), (2008), pp.1632-1637, Orlando, Florida, USA. abstract

D. Isobe, H. Yokota and L. T. T. Thanh: Fire-Induced Progressive Collapse Analyses of High-Rise Towers, CD-ROM Proceedings of the 2nd International Workshop on Performance, Protection, and Strengthening of Structures under Extreme Loading (PROTECT2009), (2009), Hayama, Japan. abstract

D. Isobe: An adaptive finite element code for impact and collapse analyses of buildings, Abstracts of the 2nd International Workshops on Advances in Computational Mechanics (IWACOM-II), (2010), Yokohama, Japan. abstract

D. Isobe: Structural Collapse Analyses of Buildings Using an Adaptive Finite Element Code, Abstracts of the 4th Korea-Japan COSEIK-JSCES Workshop on Computational Engineering, (2010), Fukuoka, Japan. abstract

D. Isobe, L. T. T. Thanh, T. Katsu and Y. Arakaki, Recent Applications of ASI-Gauss FE Code in Structural Collapse Problems of Large-Scale Framed Structures, Proceedings of the 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM/APCOM2010), (2010), Sydney, Australia. abstract

L. T. T. Thanh and D. Isobe, Numerical Investigations on Effects of Structural Parameters in Fire-Induced Collapse Behaviors of High-Rise Buildings, Proceedings of the 9th World Congress on Computational Mechanics and 4th Asian Pacific Congress on Computational Mechanics (WCCM/APCOM2010), (2010), Sydney, Australia. abstract

D. Isobe, Y. Matsui and K. Kondo: A Torque Cancelling System Using the Parallel Solution Scheme, CD-ROM Proceedings of the 2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2011), (2011), pp.1064-1070, Shanghai, China. abstract

D. Isobe and L. T. T. Thanh: Effects of Outrigger Truss Systems on Collapse Initiation Times of High-Rise Towers Exposed to Fire, Applied Mechanics and Materials (Selected, peer reviewed papers of the 3rd International Workshop on Performance, Pretection and Strengthening of Structures under Extreme Loading (PROTECT2011)), (2011), Vol. 82, pp.344-349, Lugano, Switzerland. abstract

M. Kohiyama, T. Miyamura, D. Isobe, M. Ohsaki, K. Onda, M. Hori, H. Akiba, K. Kajiwara, and T. Ine: E-SIMULATOR VIRTUAL SHAKING-TABLE TEST: Comparative Study on Elastoplastic Dynamic Responses of Super-Highrise Steel Frame Between Virtual Shaking-Table Test Using E-Simulator and Beam Element Analysis, Proc. EUROSTEEL 2011, 6th European Conference on Steel and Composite Structures, (2011), Vol. B, pp.1113-1118, Budapest, Hungary. abstract

D. Isobe, T. Ohta, T. Inoue and F. Matsueda: Seismic Pounding Analysis of Neighboring Buildings under Long-Period Ground Motion, Proceedings of International Symposium on Disaster Simulation and Structural Safety in the Next Generation 2011 (DS'11), (2011), pp.209-214, Kobe, Japan. abstract

D. Isobe and T. Katsu: Blast Demolition Planning Tool using Key Element Index, Proceedings of the 9th International Conference on Shock & Impact Loads on Structures (SILOS11), (2011), pp.395-401, Fukuoka, Japan. abstract

D. Isobe, Z.H. He, M. Kaneko and M. Hori: Motion Analysis of Furniture under Sine Wave Excitations, Proceedings of the International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management (ISRERM2012), (2012), pp.230-233, Yokohama, Japan. abstract

D. Isobe, W.S. Han and T. Miyamura: A Seismic Collapse Analysis Code for Framed Structures using ASI-Gauss Technique, Abstracts of the 2nd International Conference on Computational Design in Engineering (CODE2012), (2012), Jeju, Korea. abstract

D. Isobe: A Collapse Analysis Code and Its Recent Applications, Abstracts of the 1st Spain - Japan Workshop on Computational Mechanics, (2012), Barcelona, Spain. abstract

T. Miyamura, M. Ohsaki, T. Yamashita, D. Isobe and M. Kohiyama: Dynamic Collapse Analysis of Four-Story Steel Frame Using E-Simulator, CD-ROM Proceedings of the ECCOMAS Thematic Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering (COMPDYN2013), (2013), Kos, Greece. abstract

D. Isobe and Y. Ido: Numerical Investigation on the Collapse of the CTV Building Caused by the 2011 New Zealand Earthquake, CD-ROM Proceedings of the ECCOMAS Thematic Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering (COMPDYN2013), (2013), Kos, Greece. abstract

D. Isobe, T. Ogino and R. Negishi: Numerical Studies on Planning and Analyzing Blast Demolition Behaviors of Buildings, USB Proceedings of APCOM & ISCM2013, (2013), Singapore. abstract

J. Gu, T. Yamashita, M. Kaneko and D. Isobe: Motion Analysis of Furniture using FEM, USB Proceedings of APCOM & ISCM2013, (2013), Singapore. abstract

K. Kuroda, Y. Dong and D. Isobe: Structural Collapse Analysis of a Steel Building Subjected under Seismic Excitation, Tsunami Force, and Debris Collision, USB Proceedings of APCOM & ISCM2013, (2013), Singapore. abstract

K. Shoji, M. Usui and D. Isobe: Thermal Distortion Analysis of the Large Deployable Reflector Using FEM, USB Proceedings of APCOM & ISCM2013, (2013), Singapore. abstract

K. Shoji, M. Usui and D. Isobe: A Numerical Investigation to Suppress Thermal Distortion of Large Deployable Reflector on ETS-VIII, Extended Abstracts of the 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2014), (2014), pp. 428-430, Sendai, Japan. abstract

J. Suzuki, N. Yokemura and D. Isobe: Damage Estimation of Steel Frame Buildings under Fire Using Collapse Analysis, Extended Abstracts of the 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2014), (2014), pp. 436-439, Sendai, Japan. abstract

H. Tagawa, T. Yamamoto, T. Yamashita, K. Kajiwara and D. Isobe: Numerical Simulation of Suspended Ceiling Collapse using ASI-Gauss Technique, Extended Abstracts of the 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2014), (2014), pp. 456-459, Sendai, Japan. abstract

D. Isobe and K.Takatera: Estimation of Secured Distance between Neighboring Buildings to Avoid Seismic Pounding, Extended Abstracts of the 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2014), (2014), pp. 464-467, Sendai, Japan. abstract

D. Isobe and Y.Q. Dong: Collapse Analysis of Buildings Subjected to Seismic Excitation, Tsunami, and Debris Collision, Proceedings of the 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), (2014), Barcelona, Spain. abstract

K. Shoji, M. Usui and D. Isobe: A Numerical Investigation to Suppress Distortions of Large Deployable Reflector in Space During Earth Eclipse, Proceedings of the 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), (2014), Barcelona, Spain. abstract

H. Tagawa, T. Yamamoto, T. Yamashita, T. Sasaki and D. Isobe: Numerical Simulation of Ceiling Collapse in Full-Scale Gymnasium Specimen using ASI-Gauss Technique, Proceedings of the 11th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XI), (2014), pp. 1398-1403, Barcelona, Spain. abstract

D. Isobe and Y.Q. Dong: Sequential Analysis of Steel Frame Building Subjected to Seismic Excitation, Tsunami, and Debris Collision, Proceedings of the 18th International Conference on Finite Elements in Flow Problems (FEF2015), (2015), Taipei, Taiwan. abstract

D. Isobe: Finite Element Analysis on Behaviors of Furniture and Ceiling during Seismic Excitation, the 3rd German-Japanese Workshop on Computational Mechanics, (2015), Munich, Germany. abstract

D. Isobe, T. Yamamoto, H. Tagawa, T. Yamashita and T. Sasaki: Finite Element Analysis of Ceiling Collapse during Seismic Excitation, the 1st Pan American Congress on Computational Mechanics (PANACM 2015), (2015), Buenos Aires, Argentina. abstract

D. Isobe: Recent Applications of the ASI-Gauss Code on Structural Collapse and Motion Analysis, the 3rd International Workshops on Advances in Computational Mechanics (IWACOM-III), (2015), Tokyo, Japan. abstract

K. Shoji, M. Usui and D. Isobe: Numerical Investigations to Suppress Thermal Deformation of the Large Deployable Reflector during Earth Eclipse in Space, Proceedings of the 7th Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology (APISAT2015), (2015), Cairns, Australia. abstract

D. Isobe, M. Katagiri, T. Fujiwara and T. Miura: A Finite Element Approach to Analyze Motion Behaviors of Indoor Non-Structural Components of Buildings, European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering 2016 (ECCOMAS2016), (2016), Crete, Greece. abstract

K.Shoji, M. Usui and D. Isobe: Modeling of a Large Space Structure for Thermal Deformation Compensation Analysis, European Congress on Computational Methods in Applied Sciences and Engineering 2016 (ECCOMAS2016), (2016), Crete, Greece. abstract

T. Miura, T. Yamashita and D. Isobe: Finite Element Motion Analysis of Furniture under Seismic Excitation, Proceedings of the 12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII), (2016), Seoul, Korea. abstract

K. Oi and D. Isobe: Risk Prediction of Collapse for Buildings under Fire Using Key Element Index, Proceedings of the 12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII), (2016), Seoul, Korea. abstract

K.Shoji, M. Usui and D. Isobe: A Study on Thermal Deformation Compensation of Large Space Structure, Proceedings of the 12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII), (2016), Seoul, Korea. abstract

S. Tanaka, H. Ogino and D. Isobe: Development of Tsunami Analysis Method for Estimation of Damage of Evacuation Building by Tsunami Impacts, Proceedings of the 12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII), (2016), Seoul, Korea. abstract

K. Kobayashi, T. Miura, T. Yamashita and D. Isobe: Seismic Motion Analysis of Furniture Placed in a Reinforced Concrete Building using FEM, Abstracts of the 2nd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2017), (2017), Chengdu, China. abstract

K. Fukushima, S. Tanaka and D. Isobe: Coupling Analysis of FEM for Free-Surface Fluids and Rigid Body, Abstracts of the 2nd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2017), (2017), Chengdu, China. abstract

D. Isobe, T. Fujiwara, T. Yamashita, H. Tagawa and T. Sasaki: Collapse Simulation of Wide-Area Suspended Ceiling System Using the ASI-Gauss Code, Abstracts of the 2nd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2017), (2017), Chengdu, China. abstract

K. Azuma and D. Isobe: Risk Estimation for Progressive Collapse of Buildings Using Key Element Index, Abstracts of the 2nd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2017), (2017), Chengdu, China. abstract

K. Higashi and D. Isobe: Study on Selection Schemes of Blasted Columns of Buildings to Improve Efficiency and to Secure Safety during Demolition, Abstracts of the 2nd International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE2017), (2017), Chengdu, China. abstract

T. Toyoshi, T. Yamashita, D. Isobe, K. Matsuzaki and H. Tomozawa: Development of Augmented Reality Experience System of Indoor Damage due to Earthquake, Proceedings of the 13th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XIII), (2018), New York, USA. abstract

K.Shoji, M. Usui and D. Isobe: High-precision Control Method for Large Space Structure Subject to Thermal Deformation, Proceedings of the 13th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XIII), (2018), New York, USA. abstract

D. Isobe and K. Azuma: Progressive Collapse Analysis of Buildings and Its Risk Estimation Using Key Element Index, Proceedings of the 13th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XIII), (2018), New York, USA. abstract

K. Maeda, T. Yamashita and D. Isobe: Motion Analysis of Earthquake-Resistant and Non-Resistant Ceilings under Seismic Excitation, Proceedings of the 7th International Conference on Protection of Structures against Hazards (PSH2018), (2018), Hanoi, Vietnam. abstract

H. Omura and D. Isobe: Collapse Analysis of Ceilings Suspended in Concert Halls, Proceedings of the 7th International Conference on Protection of Structures against Hazards (PSH2018), (2018), Hanoi, Vietnam. abstract

K. Hara, M. Asai and D. Isobe: Verification on Collapse Process of Aso Bridge during the 2016 Kumamoto Earthquakes by ASI-Gauss Method, Proceedings of the 7th International Conference on Protection of Structures against Hazards (PSH2018), (2018), Hanoi, Vietnam. abstract

D. Isobe, K. Kobayashi, K. Sato, K. Maeda and H. Omura: Numerical Studies on Seismic Motion Behaviors of Non-Structural Components in Buildings, Proceedings of the ECCOMAS Thematic Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering (COMPDYN2019), (2019), Crete, Greece. abstract

K. Hara, M. Asai, D. Isobe and S. Tanaka: Wooden Houses Collapse Simulation during Earthquake and Tsunami at a City Level base on the ASI-Gauss Finite Element Method, Proceedings of the 7th Asia-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), (2019), Taipei, Taiwan. abstract

H. Omura, T. Yamashita and D. Isobe: Numerical Analysis of Suspended Ceiling Collapse Using ASI-Gauss Technique, Proceedings of the 7th Asia-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM2019), (2019), Taipei, Taiwan. abstract

HOMEへ TOPへ


Domestic Conference Proceedings

都井 裕, 磯部大吾郎: セラミックスの Transformation Toughening に関する計算力学的研究, 構造工学における数値解析法シンポジウム論文集, 第15巻, (1991), pp.461-466. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 順応型 Shifted Integraion 法による骨組構造の有限要素崩壊解析, 構造工学における数値解析法シンポジウム論文集, 第16巻, (1992), pp.309-314. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 変態塑性セラミックスの破壊挙動の有限要素解析, 第35回構造強度に関する講演会講演集, (1993), pp.268-271. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 順応型 Shifted Integraion 法による一次元構造の弾塑性座屈問題の有限要素解析, 構造工学における数値解析法シンポジウム論文集, 第17巻, (1993), pp.339-344. abstract

都井 裕, 磯部大吾郎: 順応型 Shifted Integraion 法による骨組構造の動的崩壊解析, 構造工学における数値解析法シンポジウム論文集, 第18巻, (1994), pp.295-300. abstract

磯部大吾郎, 都井 裕: ASI有限要素法による骨組構造体の爆破解体解析, 構造工学における数値解析法シンポジウム論文集, 第19巻, (1995), pp.13-18. abstract

磯部大吾郎, 都井 裕: ASI法による脆性骨組構造体の動的崩壊問題の有限要素解析, 計算工学講演会論文集, 第1巻, 第2号, (1996), pp.823-826. abstract

原田 宏一, 都井 裕, 磯部大吾郎: ASI法を用いた有限要素法の建築構造物への適用事例, 計算工学講演会論文集, 第1巻, 第2号, (1996), pp.827-828. abstract

磯部大吾郎: ASI有限要素法によるRC骨組構造の地震崩壊解析, 日本機械学会第74期全国大会講演論文集, No.96-15, Vol.1, (1996), pp.7-8. abstract

磯部大吾郎, 都井 裕: ASI法によるRC骨組構造体の爆破解体挙動の有限要素解析, 日本機械学会平成8年度材料力学部門講演会講演論文集, No.95-10, Vol.A, (1996), pp.355-356. abstract

藤井 輝夫, 磯部大吾郎, 黒田 洋司: 超並列有限要素ロボットの研究 -概念と基礎的検討-, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'97講演論文集, No.97-22, Vol.B, (1997), pp.873-874. abstract

磯部大吾郎: 有限要素法による圧電アクチュエータ制御に関する一考察, 計算工学講演会論文集, 第2巻, 第3号, (1997), pp.1075-1078. abstract

磯部大吾郎: FEMによる圧電アクチュエータ集合体の静的変形制御, 日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集, (1997), pp.71-72. abstract

磯部大吾郎, 森下 真臣: ASI有限要素法による骨組構造の衝突解析, 日本機械学会関東支部茨城講演会講演論文集, (1997), pp.73-74. abstract

磯部大吾郎: 圧電アクチュエータ集合体の新制御法に関する考察, 第5回運動と振動の制御シンポジウム講演論文集, No.97-31, (1997), pp.96-99. abstract

磯部大吾郎, 森下 真臣: ASI有限要素法による宇宙骨組構造の高速デブリ衝突解析, 計算工学講演会論文集, 第3巻, 第3号, (1998), pp.773-776. abstract

磯部大吾郎, 中川 恒: 圧電アクチュエータ集合体のFEMによる静的オープンループ制御, 計算工学講演会論文集, 第3巻, 第2号, (1998), pp.511-514. abstract

磯部大吾郎, 清水 隆太, 中村 博, 中川 恒: 有限要素法を用いた圧電アクチュエータ集合体のリアルタイム制御, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'98講演論文集CD-ROM, No.98-4, (1998). abstract

磯部大吾郎, 清水 隆太: 非線形項を導入したFEMによる圧電アクチュエータの準静的制御, 日本機械学会第76期全国大会講演論文集, No.98-3, Vol.2, (1998), pp.183-184. abstract

磯部大吾郎, 中村 博: 一般逆行列を用いたバイモルフ型圧電アクチュエータの逆解析, 日本機械学会第76期全国大会講演論文集, No.98-3, Vol.2, (1998), pp.185-186. abstract

磯部大吾郎, 清水 隆太: 圧電アクチュエータのクリープ・残留ひずみを考慮した準静的FEM制御, 日本機械学会第11回計算力学講演会講演論文集, No.98-2, (1998), pp.545-546. abstract

D. Isobe and Y. Toi: Seismic Damage Finite Element Analysis of Framed Structures Considering Member Fracture, 第10回日本地震工学シンポジウム論文集, Vol.2, (1998), pp.2541-2544. abstract

磯部大吾郎, 清水 隆太, 中村 博, 山海 嘉之: 圧電アクチュエータ集合体のFEM最適制御システム, 計算工学講演会論文集, 第4巻, 第2号, (1999), pp.913-916. abstract

磯部 大吾郎, 竹内 裕喜, 上田 健夫: FEMによるマニピュレータの並列制御法, 計算工学講演会論文集, 第4巻, 第2号, (1999), pp.917-920. abstract

佐藤 勉, 小河原崇博, 山海 嘉之, 磯部大吾郎: 分散化圧電アクチュエータ制御システムの構築と人工心臓分野における基礎実験, 計算工学講演会論文集, 第4巻, 第2号, (1999), pp.921-924.

磯部大吾郎, 中村 博, 清水 隆太: 圧電アクチュエータ集合体のリアルタイムFEM制御システムの開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99講演論文集CD-ROM, No.99-9, (1999). abstract

磯部大吾郎, 竹内 裕喜, 上田 健夫: FEMによるリンク機構の制御, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'99講演論文集CD-ROM, No.99-9, (1999). abstract

磯部大吾郎, 清水 隆太, 中村 博: 圧電アクチュエータ集合体の準静的FEM制御システムの開発, 日本機械学会第12回計算力学講演会講演論文集, No.99-5, (1999), pp.307-308. abstract

磯部大吾郎, 竹内 裕喜, 上田 健夫: 有限要素によるリンク機構のモデル化(その1,超冗長マニピュレータへの適用), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'00講演論文集CD-ROM, No.00-2, (2000). abstract

小河原崇博,磯部大吾郎,工藤 篤博: 平板制振における圧電フィルム貼付位置の解析的評価, 計算工学講演会論文集, 第5巻, 第2号, (2000), pp.583-586. abstract

藤井 雄作, 磯部大吾郎, 斎藤 聡: 慣性質量を用いた衝突破壊試験における作用力測定法, 日本機械学会2000年度年次大会講演論文集, No.00-1, Vol.1, (2000), pp.109-110. abstract

津田 真啓,磯部大吾郎: 有限要素法によるRC立体骨組構造物の地震崩壊解析手法の開発, 計算工学講演会論文集, 第6巻, 第2号, (2001), pp.463-466. abstract

工藤 篤博,磯部大吾郎: 圧電フィルムを用いた薄肉円筒殻の制振とその評価, 計算工学講演会論文集, 第6巻, 第2号, (2001), pp.707-710. abstract

今泉 大作,磯部大吾郎: 3次元運動をする開リンク機構の有限要素法を用いた逆動力学計算, 計算工学講演会論文集, 第6巻, 第2号, (2001), pp.799-802. abstract

磯部大吾郎: 有限要素法を用いた閉リンク機構の逆動力学計算, 計算工学講演会論文集, 第6巻, 第2号, (2001), pp.803-806. abstract

石井悠一郎,磯部大吾郎: トラス型ロボット機構におけるひずみエネルギ抑制のための姿勢決定, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'01講演論文集CD-ROM, No.01-4, (2001). abstract

小澤 一裕,磯部大吾郎: 有限要素法による能動変形機構の衝撃緩和解析, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'01講演論文集CD-ROM, No.01-4, (2001). abstract

今泉 大作,磯部大吾郎: 有限要素によるリンク機構のモデル化(その2,3次元運動をする開リンク機構への適用), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'01講演論文集CD-ROM, No.01-4, (2001). abstract

磯部大吾郎: 有限要素によるリンク機構のモデル化(その3,閉リンク機構への適用), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'01講演論文集CD-ROM, No.01-4, (2001). abstract

磯部大吾郎: 機構形態に依存しない逆動力学計算法, 第19回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2001), pp.895-896. abstract

磯部大吾郎,金久保利之,古田 智基,松岡 宏: ASI法を用いた有限要素解析手法によるRC骨組構造のセミアクティブ制振解析, 日本建築学会2001年度大会(関東)学術講演梗概集B-1, (2001), pp.267-268. abstract

磯部大吾郎,小澤 一裕: 有限要素法によるロボット機構の歩行動作における衝撃力の予測, 第7回ロボティクスシンポジア予稿集, (2002), pp.197-202. abstract

石井悠一郎,磯部大吾郎: ひずみエネルギの抑制を目的としたロボット機構の姿勢決定および動作計画, 計算工学講演会論文集, 第7巻, 第2号, (2002), pp.771-774. abstract

廣田 直也,磯部大吾郎: 有限要素法を用いたロボット機構内の衝撃力予測, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'02講演論文集CD-ROM, No.02-6, (2002). abstract

石井悠一郎,磯部大吾郎: ひずみエネルギの抑制を目的としたマニピュレータの動作計画, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'02講演論文集CD-ROM, No.02-6, (2002). abstract

八木 淳,磯部大吾郎: 有限要素法を用いた閉リンク機構の逆動力学計算(系内のエネルギ消費量の検証), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'02講演論文集CD-ROM, No.02-6, (2002). abstract

筑後 陽一,佐藤 俊介,磯部大吾郎: 有限要素法を用いた逆動力学計算によるリンク機構の制御実験, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'02講演論文集CD-ROM, No.02-6, (2002). abstract

磯部大吾郎,今泉 大作,筑後 陽一,佐藤 俊介: 並列的逆動力学計算法によるリンク機構のフィードフォワード制御, 第20回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2002). abstract

磯部大吾郎,石井悠一郎: 機構の強度的安全性を優先した姿勢決定および動作計画 -軟弱ロボティクスの提案-, 第8回ロボティクスシンポジア予稿集, (2003), pp.533-538. abstract

今泉 大作,磯部大吾郎: 有限要素法を用いたフレキシブルマニピュレータの運動学・逆動力学計算, 計算工学講演会論文集, 第8巻, 第1号, (2003), pp.489-492. abstract

磯部大吾郎,今泉 大作: 並列的解法によるフレキシブルマニピュレータの逆動力学計算, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'03講演論文集CD-ROM, No.03-4, (2003). abstract

磯部大吾郎,筑後 陽一,今泉 大作,佐藤 俊介: 並列的解法を用いた可変形態リンク系のフィードフォワード制御, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'03講演論文集CD-ROM, No.03-4, (2003). abstract

磯部大吾郎, 今泉 大作,筑後 陽一: リンク機構の並列的逆動力学計算法の開発(統一的手法の構築を目指して), 日本機械学会2003年度年次大会講演論文集, No.03-1, Vol.1, (2003), pp.37-38. abstract

チョウ ミョウ リン,磯部大吾郎: ASI-Gauss有限要素法を用いた骨組構造体の衝突崩壊解析, 日本建築学会2003年度大会(東海)学術講演梗概集B-1, (2003), pp.333-334. abstract

守屋 良昭,廣田 直也,磯部大吾郎: 有限要素法を用いたマニピュレータの衝撃解析, 第21回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2003). abstract

八木 淳,磯部大吾郎: 並列的解法を用いた枝分かれリンク系の逆動力学計算, 第21回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2003). abstract

佐藤 俊介,磯部大吾郎: 並列的逆動力学計算法によるリンク機構の力制御, 第21回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2003). abstract

磯部大吾郎, チョウ ミョウ リン: 衝突荷重下における骨組構造体の崩壊解析, 日本機械学会第16回計算力学講演会講演論文集, No.03-26, (2003), pp.823-824. abstract

磯部大吾郎,佐藤 俊介,八木 淳: 汎用を目的とした逆動力学計算法の開発, 第9回ロボティクスシンポジア予稿集, (2004), pp.51-57. abstract

磯部大吾郎,チョウ ミョウ リン: ASI-Gauss有限要素法における破断・接触アルゴリズムの検討, 計算工学講演会論文集, 第9巻, 第1号, (2004), pp.359-362. abstract

加藤 昭博,磯部大吾郎: 有限要素法によるフレキシブルマニピュレータの軌道計算, 計算工学講演会論文集, 第9巻, 第2号, (2004), pp.733-736. abstract

小松 祥人,磯部大吾郎: 構造力学的パラメータを導入したマニピュレータの動作計画, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'04講演論文集CD-ROM, No.04-4, (2004). abstract

磯部大吾郎,廣田 直也,守屋 良昭,山根 直樹: 計算力学的手法によるマニピュレータ内の衝撃力予測, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'04講演論文集CD-ROM, No.04-4, (2004). abstract

磯部大吾郎,チョウ ミョウ リン: ASI-Gauss衝突崩壊解析手法の破断・接触表現について, 日本建築学会2004年度大会(北海道)学術講演梗概集B-1, (2004), pp.345-346. abstract

磯部大吾郎,廣田 直也: 数値モデルによるマニピュレータ内の衝撃力予測, 日本機械学会2004年度年次大会講演論文集Vol.1, No.04-1, (2004), pp.1-2. abstract

守屋 良昭,磯部大吾郎: 数値モデルによるリンク機構内の衝撃力同定, 第22回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2004). abstract

小松 祥人,磯部大吾郎: 機構の強度的危険性を考慮したマニピュレータの動作計画, 第22回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2004). abstract

加藤 昭博,磯部大吾郎: 並列的解法によるフレキシブルマニピュレータの逆動力学計算, 第22回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2004). abstract

清水 和典,磯部大吾郎: 火災による耐力低下を考慮した骨組構造の崩落解析, 日本機械学会第17回計算力学講演会講演論文集, No.04-40, (2004), pp.501-502. abstract

磯部大吾郎: 超多自由度系の制御に向けた並列的解法の活用, 第5回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会(SI2004)論文集, (2004),pp.432-433. abstract

磯部大吾郎,チョウ ミョウ リン: ニューヨーク世界貿易センタービル2号棟の飛行機衝突解析, 計算工学講演会論文集, 第10巻, 第2号, (2005), pp.571-574. abstract

磯部大吾郎,チョウ ミョウ リン: ASI-Gauss法を用いた世界貿易センタービルの飛行機衝突解析, 日本建築学会2005年度大会(近畿)学術講演梗概集B-1, (2005), pp.327-328. abstract

今西 健介,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いた骨組構造の進行性崩壊解析, 日本建築学会2005年度大会(近畿)学術講演梗概集B-1, (2005), pp.329-330. abstract

江口 正史,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いた骨組構造の爆破解体解析, 日本建築学会2005年度大会(近畿)学術講演梗概集B-1, (2005), pp.331-332. abstract

小松 祥人,磯部大吾郎: 機構の強度的安全性を優先したマニピュレータの動作計画, 第23回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2005). abstract

加藤 昭博,磯部大吾郎: 並列的解法によるフレキシブルマニピュレータの制振について, 第23回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2005). abstract

今西 健介,磯部大吾郎: ASI-Gauss法による骨組構造の進行性崩壊解析, 日本機械学会第18回計算力学講演会講演論文集, No.05-2, (2005), pp.325-326. abstract

江口 正史,磯部大吾郎: 骨組構造の爆破解体解析および解体実験システムの開発, 日本機械学会第18回計算力学講演会講演論文集, No.05-2, (2005), pp.327-328. abstract

小松 祥人,磯部大吾郎: 構造力学的パラメータの導入による機構の破損回避を目的としたマニピュレータの動作計画, 日本機械学会第18回計算力学講演会講演論文集, No.05-2, (2005), pp.711-712. abstract

加藤 昭博,磯部大吾郎: 並列的解法によるフレキシブルマニピュレータのフィードフォワード制御, 日本機械学会第18回計算力学講演会講演論文集, No.05-2, (2005), pp.717-718. abstract

加藤 昭博,磯部大吾郎: 並列的逆動力学計算法を用いた多関節柔軟リンク系の制御, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'06講演論文集CD-ROM, No.06-4, (2006). abstract

小松 祥人,磯部大吾郎: ロボットアームの強度的安全性を優先した動作計画, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'06講演論文集CD-ROM, No.06-4, (2006). abstract

佐々木嗣音,磯部大吾郎: 全体モデルによるWTC2の飛行機衝突解析, 日本建築学会2006年度大会(関東)学術講演梗概集B-1, (2006), pp.269-270. abstract

小室 友暢,磯部大吾郎: 火災による耐力低下を考慮した骨組構造の崩落解析, 日本建築学会2006年度大会(関東)学術講演梗概集B-1, (2006), pp.271-272. abstract

今西 健介,磯部大吾郎: 部材接合係数を考慮した骨組構造の進行性崩壊解析, 日本建築学会2006年度大会(関東)学術講演梗概集B-1, (2006), pp.273-274. abstract

江口 正史,磯部大吾郎: 骨組構造の爆破解体解析・実験システムの開発, 日本建築学会2006年度大会(関東)学術講演梗概集B-1, (2006), pp.275-276. abstract

山中 浩司,加藤 昭博,磯部大吾郎: 柔軟リンク系のモデルベースド・フィードフォワード制御, 日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集, No.06-9, (2006), pp.235-236. abstract

江口 正史,磯部大吾郎: 骨組構造の爆破解体過程に関する定量的検証, 日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集, No.06-9, (2006), pp.247-248. abstract

佐々木嗣音,磯部大吾郎: 飛行機衝突時における高層建築物の動的挙動解析, 日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集, No.06-9, (2006), pp.249-250. abstract

小室 友暢,磯部大吾郎: 建物の火災崩落挙動について, 日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集, No.06-9, (2006), pp.251-252. abstract

今西 健介,磯部大吾郎: 進行性崩壊現象における部材接合強度の影響, 日本機械学会第19回計算力学講演会講演論文集, No.06-9, (2006), pp.253-254. abstract

井根達比古,磯部大吾郎,片平 直樹,梶原 浩一: ASI-Gauss法による鉄骨構造の動的地震崩壊解析(その1) -動的地震崩壊解析コードの開発(定式化を中心に)-, 2006年度日本建築学会関東支部研究報告集, (2007), pp.165-168. abstract

山中 浩司,上田 浩正,磯部大吾郎: 並列的解法を用いたロボット機構のフィードフォワード制御, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'07講演論文集CD-ROM, No.07-2, (2007). abstract

井根達比古,磯部大吾郎,片平 直樹,梶原 浩一: ASI-Gauss法による鋼構造骨組みの動的地震FEM解析, 計算工学講演会論文集, 第12巻, 第1号, (2007), pp.387-390. abstract

磯部大吾郎,佐々木嗣音: WTCの崩壊要因究明を目指した航空機衝突シミュレーション, 計算工学講演会論文集, 第12巻, 第1号, (2007), pp.399-400. abstract

磯部大吾郎: 航空機衝突時のWTCビルの動的挙動について, 日本建築学会2007年度大会(九州)学術講演梗概集B-1, (2007), pp.253-254. abstract

井根達比古,磯部大吾郎,片平 直樹,梶原 浩一: ASI-Gauss法を用いた鉄骨骨組構造の地震崩壊解析, 日本建築学会2007年度大会(九州)学術講演梗概集B-1, (2007), pp.257-258. abstract

片平 直樹,磯部大吾郎,井根達比古,梶原 浩一: ASI-Gauss法を用いた大規模骨組構造の地震崩壊解析, 日本建築学会2007年度大会(九州)学術講演梗概集B-1, (2007), pp.259-260. abstract

小室 友暢,磯部大吾郎: 建物の耐震強度が火災崩落挙動に与える影響, 日本機械学会第20回計算力学講演会講演論文集, No.07-36, (2007), pp.295-296. abstract

片平 直樹,磯部大吾郎,井根達比古,梶原 浩一: ASI-Gauss法を用いた地震崩壊解析システムの開発 ―解析コードの検証―, 日本機械学会第20回計算力学講演会講演論文集, No.07-36, (2007), pp.343-344. abstract

磯部大吾郎,小室 友暢: ASI-Gauss法を用いた骨組構造の火災崩落解析, 計算工学講演会論文集, 第13巻, 第1号, (2008), pp.129-130. abstract

北村 悠人,山中 浩司,磯部大吾郎: 並列的解法による劣駆動リンク系の逆動力学計算, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'08講演論文集CD-ROM, No.08-4, (2008). abstract

園田 隆,石井 和男,磯部大吾郎: 重心ヤコビアンを用いた閉リンク機構の逆動力学計算, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'08講演論文集CD-ROM, No.08-4, (2008). abstract

片平 直樹,磯部大吾郎,井根達比古,梶原 浩一: 三軸加振下における骨組構造の地震崩壊解析コードの開発, 第57回理論応用力学講演会NCTAM2008講演論文集, (2008), pp.241-242. abstract

磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いた動的崩壊解析手法によるWTCの崩壊要因究明, 第57回理論応用力学講演会NCTAM2008講演論文集, (2008), pp.247-248. abstract

北村 悠人,磯部大吾郎: 弾性たわみを考慮した劣駆動リンク系の逆動力学計算, 第26回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2008). abstract

上田 浩正,磯部大吾郎: 構造可変型多肢マニピュレータのフィードフォワード制御, 第26回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2008). abstract

園田 隆,石井 和男,磯部大吾郎: 重心ヤコビアンを用いたリンク機構の動力学計算, 第26回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2008). abstract

久永 哲也,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いた衝突崩壊解析コードにおける破断・接触アルゴリズムの検討, 日本建築学会2008年度大会(中国)学術講演梗概集B-1, (2008), pp.391-392. abstract

横田 仁,磯部大吾郎: 火災加熱効果を導入した骨組構造の進行性崩壊解析, 日本建築学会2008年度大会(中国)学術講演梗概集B-1, (2008), pp.393-394. abstract

片平 直樹,磯部大吾郎,井根達比古,梶原 浩一: 三軸加振下における大規模骨組構造の地震崩壊解析, 日本建築学会2008年度大会(中国)学術講演梗概集B-1, (2008), pp.395-396. abstract

久永 哲也,磯部大吾郎: 衝突崩壊解析における接触アルゴリズムの検証, 日本機械学会第21回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.08-33, (2008), pp.59-60. abstract

横田 仁,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いたミニWTCモデルの火災崩落解析,日本機械学会第21回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.08-33, (2008), pp.61-62. abstract

片平 直樹,磯部大吾郎,井根達比古,梶原 浩一: マクロモデルを用いた骨組構造の地震崩壊解析コードの検証,日本機械学会第21回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.08-33, (2008), pp.63-64. abstract

レティタイタン, 磯部大吾郎: 耐震設計が施された建物の火災崩落解析, 計算工学講演会論文集, 第14巻, 第1号, (2009), pp.329-332. abstract

大崎 純,宮村倫司,小檜山雅之,磯部大吾郎,秋葉 博,堀 宗朗,梶原浩一,井根達比古: 鋼構造建築骨組の弾塑性地震応答の高精度有限要素解析, 計算工学講演会論文集, 第14巻, 第2号, (2009), pp.829-832. abstract

上田 浩正,磯部大吾郎: リンク系に対する汎用的フィードフォワード制御システムの開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'09講演論文集CD-ROM, No.09-4, (2009). abstract

早川 純矢,磯部大吾郎: 並列的解法を用いた移動ロボットのフィードフォワード制御, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'09講演論文集CD-ROM, No.09-4, (2009). abstract

松井 康将,磯部大吾郎: 力学的動揺を安定化させるトルクキャンセリングシステムの提案, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'09講演論文集CD-ROM, No.09-4, (2009). abstract

レティタイタン,磯部大吾郎: 高層建築物の火災崩落挙動に及ぼすアウトリガーシステムの効果, 日本建築学会2009年度大会(東北)学術講演梗概集B-1, (2009), pp.275-276. abstract

宮村倫司,大崎 純,小檜山雅之,磯部大吾郎,秋葉 博,堀 宗朗,梶原浩一,井根達比古: 数値震動台プロトタイプによる鋼構造超高層骨組および4層骨組の仮想震動実験, 日本建築学会2009年度大会(東北)学術講演梗概集B-1, (2009), pp.399-400. abstract

北村 悠人,磯部大吾郎: 並列的解法を用いた2関節劣駆動リンク系のフィードフォワード制御, 第27回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2009). abstract

久永 哲也,磯部大吾郎: 世界貿易センタービルのリダンダンシーに関する数値解析的研究,日本機械学会第22回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.09-21, (2009), pp.149-150. abstract

レティタイタン,磯部大吾郎: アウトリガートラス構造が高層建築物の火災崩落挙動に与える影響,日本機械学会第22回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.09-21, (2009), pp.151-152. abstract

勝 拓也,磯部大吾郎: 高層建築物の発破解体計画システムの開発,日本機械学会第22回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.09-21, (2009), pp.153-154. abstract

宮村 倫司,大崎 純,小檜山雅之,恩田 邦藏,磯部大吾郎,秋葉 博,堀 宗朗,梶原 浩一,井根達比古: ソリッド要素を用いた鋼構造4層骨組の高精度有限要素解析, 日本機械学会第22回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.09-21, (2009), pp.218-219. abstract

松井 康将,近藤 健介,磯部大吾郎: 並列的解法を用いたトルクキャンセリングシステムの提案, 第15回ロボティクスシンポジア予稿集, (2010), pp.226-231. abstract

大崎 純,宮村 倫司,小檜山雅之,恩田 邦藏,磯部大吾郎,秋葉 博,堀 宗朗,梶原 浩一,井根達比古: 鋼構造建築骨組の高精度有限要素解析, 計算工学講演会論文集, 第15巻, 第1号, (2010), pp.437-438. abstract

恩田 江理,久永 哲也,磯部大吾郎: WTCのリダンダンシーに関する検証解析, 計算工学講演会論文集, 第15巻, 第2号, (2010), pp.1007-1010. abstract

新垣 裕太,久永 哲也,勝 拓也,レティタイタン,磯部大吾郎: 長周期地震動に伴う建築物の隣棟間衝突・崩壊解析, 計算工学講演会論文集, 第15巻, 第2号, (2010), pp.1011-1014. abstract

レティタイタン,磯部大吾郎: アウトリガートラス構造を有する高層建築物の火災時崩壊開始時間に関する考察, 日本建築学会2010年度大会(北陸)学術講演梗概集B-1, (2010), pp.285-286. abstract

勝 拓也,磯部大吾郎: 発破解体計画のためのキーエレメント特定, 日本建築学会2010年度大会(北陸)学術講演梗概集B-1, (2010), pp.287-288. abstract

宮村 倫司,磯部大吾郎,小檜山雅之,大崎 純,秋葉 博,堀 宗朗,梶原 浩一,井根達比古: E-Simulatorによる鋼構造超高層骨組の仮想震動実験と骨組解析の比較, 日本建築学会2010年度大会(北陸)学術講演梗概集B-1, (2010), pp.291-292. abstract

太田 外氣晴,磯部大吾郎,井上 智広,松枝 富士雄: 長周期地震動に伴う棟間衝突に関する一考察(その1:1985年メキシコ地震を教訓にして), 日本建築学会2010年度大会(北陸)学術講演梗概集B-2, (2010), pp.939-940. abstract

磯部大吾郎,太田 外氣晴,井上 智広,松枝 富士雄: 長周期地震動に伴う棟間衝突に関する一考察(その2:14階建て3連棟建物の棟間衝突・崩壊解析), 日本建築学会2010年度大会(北陸)学術講演梗概集B-2, (2010), pp.941-942. abstract

松井 康将, 近藤 健介, 磯部大吾郎: 柔軟リンク系に対するTCSを用いた動揺抑制実験, 第28回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2010). abstract

恩田 江理,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いたRC構造物に対する地震崩壊解析コードの開発,日本機械学会第23回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.10-2, (2010), pp.418-420. abstract

勝 拓也,磯部大吾郎: キーエレメント指標に基づく発破解体解析,日本機械学会第23回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.10-2, (2010), pp.421-423. abstract

レティタイタン,磯部大吾郎: 火災崩落解析による高層建築物の崩壊開始時間に関する検証,日本機械学会第23回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.10-2, (2010), pp.424-425. abstract

磯部大吾郎,太田 外氣晴,井上 智広,松枝 富士雄: 長周期地震動を受ける隣接建築物の棟間衝突・崩壊解析, 第13回日本地震工学シンポジウム論文集, (2010), pp.4324-4329. abstract

韓 元相,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いた地震応答解析コードの性能検証, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第16巻, (2011). abstract

恩田 江理,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いたRC骨組構造の地震崩壊解析コードの開発と適用例, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第16巻, (2011). abstract

近藤 健介,松井 康将,磯部大吾郎: 並列的解法を用いたトルクキャンセリングシステムの開発, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第16巻, (2011). abstract

宮村 倫司, 大崎 純, 小檜山 雅之, 張 景耀, 磯部 大吾郎, 秋葉 博, 堀 宗朗, 山下 拓三, 梶原 浩一: 崩壊解析のための鋼構造骨組の高精度有限要素モデル, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第16巻, (2011). abstract

山口 良規,磯部大吾郎: ロボットアームの強度的危険性を回避するための動作計画法 ―慣性項の導入―, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'11講演論文集CD-ROM, No.11-5, (2011). abstract

中山 文平,近藤 健介,松井 康将,磯部大吾郎: トルクキャンセリングシステムのロボットへの搭載に向けた動揺抑制実験, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'11講演論文集CD-ROM, No.11-5, (2011). abstract

磯部大吾郎,勝 拓也: キーエレメント指標に基づいた発破解体計画手法, 日本建築学会2011年度大会(関東)学術講演梗概集B-1, (2011), pp.225-226. abstract

宮村 倫司,磯部大吾郎,大崎 純,小檜山雅之,堀 宗朗,秋葉 博,山下 拓三,梶原 浩一: E-Simulatorによる4層鋼構造骨組の仮想震動実験と骨組解析の比較, 日本建築学会2011年度大会(関東)学術講演梗概集B-1, (2011), pp.233-234. abstract

山口 良規,磯部大吾郎: ロボットアームの強度的危険性を回避するための動作計画法 -持ち運び動作への適用例-, 第29回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2011). abstract

近藤 健介,磯部大吾郎: TCSを用いたリンク系における多軸回りの動揺抑制実験, 第29回日本ロボット学会学術講演会論文集CD-ROM, (2011). abstract

磯部大吾郎,恩田 江理: CTVビルの崩壊挙動に関する有限要素解析,日本機械学会第24回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.11-3, (2011), pp.570-571. abstract

磯部大吾郎,中山 文平,近藤 健介: トルクキャンセリングシステムを用いた歩行ロボットの動揺抑制, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'12講演論文集CD-ROM, No.12-3, (2012). abstract

賀 鐘輝,磯部大吾郎,金子 美香,堀 宗朗: ASI-Gauss法を用いた家具の転倒挙動解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第17巻, (2012). abstract

荻野 朋哉,磯部大吾郎: 建物の階高-スパン比と発破解体効率との関係, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第17巻, (2012). abstract

根岸 亮介,磯部大吾郎: RC骨組構造の発破解体解析コードの開発, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第17巻, (2012). abstract

磯部大吾郎,荻野 朋哉: キーエレメント指標に基づいた発破解体計画手法 その2.建物の階高-スパン比が崩壊挙動に与える影響について,日本建築学会2012年度大会(東海)学術講演梗概集, (2012), pp. 357-358. abstract

荻野 朋哉,磯部大吾郎: 高層建築物の発破解体計画に関する一考察,日本機械学会第25回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.12-4, (2012), pp.79-80. abstract

根岸 亮介,磯部大吾郎: 大型RC骨組構造の発破解体解析,日本機械学会第25回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.12-4, (2012), pp.81-82. abstract

董 元奇,磯部大吾郎: 津波漂流物の衝突に伴うS造骨組構造の崩壊解析,日本機械学会第25回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.12-4, (2012), pp.83-84. abstract

宮村 倫司,磯部大吾郎: ASI-Gauss法およびE-Simulatorによる4層鋼構造骨組の地震応答解析のV&Vについて,日本機械学会第25回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.12-4, (2012), pp.339-340. abstract

董 元奇,磯部大吾郎: 津波漂流物の衝突による建物の崩壊解析,第62回理論応用力学講演会論文集CD-ROM, (2013). abstract

朱 栄麟,磯部大吾郎: 並列的解法を用いた直動リンクを有するロボット機構の逆動力学計算, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'13講演論文集CD-ROM, No.13-2, (2013). abstract

今井 勇佑,磯部大吾郎:柔軟リンク系の振動・動揺抑制, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'13講演論文集CD-ROM, No.13-2, (2013). abstract

藤井 浩平,磯部大吾郎:柔軟リンク系の弾性変形を補償する動作計画手法の開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'13講演論文集CD-ROM, No.13-2, (2013). abstract

井戸結加里,磯部大吾郎: CTVビルの地震崩壊解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第18巻, (2013). abstract

董 元奇,磯部大吾郎: 津波と津波漂流物の衝突による建物の崩壊解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第18巻, (2013). abstract

除村 直樹,鈴木 淳一,磯部大吾郎: 鋼構造建築物の火災時における非構造材飛散に関する研究, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第18巻, (2013). abstract

除村 直樹,鈴木 淳一,磯部大吾郎: 火災時における非耐力壁の落下飛散範囲に関する数値解析的検討,日本建築学会2013年度大会(北海道)学術講演梗概集, (2013), pp. 71-72. abstract

磯部大吾郎: キーエレメント指標に基づいた発破解体計画手法 その3.キーエレメント指標の積算値と崩壊下限値との関係,日本建築学会2013年度大会(北海道)学術講演梗概集, (2013), pp. 373-374. abstract

山下 拓三,顧 嘉捷,金子 美香,磯部大吾郎: 3方向地震入力を受ける家具の転倒挙動解析 その1.モーションキャプチャシステムを用いた家具の振動台実験の概要,日本建築学会2013年度大会(北海道)学術講演梗概集, (2013), pp. 661-662. abstract

磯部大吾郎,董 元奇: 津波漂流物衝突解析による鋼構造建築物の構造設計に関する考察,日本機械学会第26回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.13-3, (2013). abstract

福留 光紀,磯部大吾郎: 有限要素法を用いた動力学シミュレータの開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14講演論文集CD-ROM, No.14-2, (2014). abstract

杜 偉,磯部大吾郎 :トルクキャンセリングシステムを用いた遊戯用小型ロボットの動揺抑制, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'14講演論文集CD-ROM, No.14-2, (2014). abstract

山本 卓也,田川 浩之,山下 拓三,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いた体育館天井の落下解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第19巻, (2014). abstract

荻野 弘明,磯部大吾郎: 医療施設内の什器を対象とした地震時挙動解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第19巻, (2014). abstract

高寺 健太,磯部大吾郎: 隣立する高層建築物の地震動下における安全な棟間距離の評価, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第19巻, (2014). abstract

日下 善輝,磯部大吾郎: キーエレメント指標を用いたS造建築物の発破解体計画, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第19巻, (2014). abstract

庄司 香織,磯部大吾郎,臼井 基文: 宇宙用大型展開アンテナの熱変形解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第19巻, (2014). abstract

日下 善輝,磯部大吾郎: キーエレメント指標に基づいた発破解体計画手法 その4.キーエレメント指標の積算値と残存物高さの関係,日本建築学会2014年度大会(近畿)学術講演梗概集, (2014), pp. 343-344. abstract

黒田 恭平,磯部大吾郎: CTV ビルの地震崩壊解析,日本建築学会2014年度大会(近畿)学術講演梗概集, (2014), pp. 351-352. abstract

顧 嘉捷,山下 拓三,金子 美香,磯部大吾郎: 3 方向地震入力を受ける家具の転倒挙動解析 その2.ASI-Gauss 法を用いた家具の挙動解析,日本建築学会2014年度大会(近畿)学術講演梗概集, (2014), pp. 1101-1102. abstract

荻野 弘明,磯部大吾郎: 地震時における医療施設内の什器の挙動解析,日本建築学会2014年度大会(近畿)学術講演梗概集, (2014), pp. 1105-1106. abstract

山本 卓也,田川 浩之,山下 拓三,磯部大吾郎: 大空間建築物の地震時における天井落下に関する数値解析的研究 その1.基礎的検討,日本建築学会2014年度大会(近畿)学術講演梗概集, (2014), pp. 1107-1108. abstract

磯部大吾郎,董 元奇: 津波漂流物の衝撃力が建物の被害に与える影響について,第11回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集, (2014). abstract

高寺 健太,磯部大吾郎: 隣接建築物の適切な棟間距離算定ための棟間衝突解析,日本機械学会第27回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.14-14, (2014). abstract

日下 善輝,磯部大吾郎: 建物の発破解体計画と残存物形態との関係,日本機械学会第27回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.14-14, (2014). abstract

荻野 弘明,磯部大吾郎: 津波漂流物の衝突解析による津波避難ビルの安全性評価,日本機械学会第27回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.14-14, (2014). abstract

庄司 香織,磯部大吾郎,臼井 基文: 宇宙用大型展開アンテナの熱変形補正に関する検討, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第20巻, (2015). abstract

片桐 雅人,磯部大吾郎: 建物内のドア枠を対象とした地震時挙動解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第20巻, (2015). abstract

荻野 弘明,磯部大吾郎: 地震・津波作用下における津波避難ビルの動的解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第20巻, (2015). abstract

日下 善輝,磯部大吾郎: キーエレメント指標を用いたS造建築物の発破解体計画 -層数が異なる場合の比較-, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第20巻, (2015). abstract

大井 康平,磯部大吾郎: キーエレメント指標を用いた火災時の建物の崩壊危険性予測, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第20巻, (2015). abstract

磯部大吾郎,山本 卓也,田川 浩之,山下 拓三,佐々木智大: 地震時における体育館施設内の天井落下解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第20巻, (2015). abstract

片桐 雅人,磯部大吾郎: 地震動下における鋼構造建物内のドア枠変形挙動解析,日本建築学会2015年度大会(関東)学術講演梗概集, (2015), pp. 333-334. abstract

磯部大吾郎,山本 卓也,田川 浩之,山下 拓三,佐々木智大: 大空間建築物の地震時における天井落下に関する数値解析的研究 その2.局所落下現象の再現,日本建築学会2015年度大会(関東)学術講演梗概集, (2015), pp. 335-336. abstract

大井 康平,磯部大吾郎: キーエレメント指標を用いた火災時の建物の崩壊危険性予測,日本建築学会2015年度大会(関東)学術講演梗概集, (2015), pp. 293-294. abstract

日下 善輝,磯部大吾郎: キーエレメント指標に基づいた発破解体計画手法 その5.層数が異なる場合の比較,日本建築学会2015年度大会(関東)学術講演梗概集, (2015), pp. 295-296. abstract

荻野 弘明,磯部大吾郎: 津波避難ビルの安全性評価に関する数値解析的研究,日本建築学会2015年度大会(関東)学術講演梗概集, (2015), pp. 367-368. abstract

高寺 健太,磯部大吾郎: 隣接建築物の棟間距離に関する設計支援に向けた棟間衝突解析,日本建築学会2015年度大会(関東)学術講演梗概集, (2015), pp. 369-370. abstract

大屋 朋子, 浅井 光輝, 伊津野和行, 磯部大吾郎: 粒子法による流体剛体連成解析の定式化の差異による精度確認,日本機械学会第28回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.15-19, (2015). abstract

大井 康平,磯部大吾郎: キーエレメント指標と火災時の建物の損傷度合いの関連性について,日本機械学会第28回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.15-19, (2015). abstract

藤原 嵩士, 磯部大吾郎, 田川 浩之, 山下 拓三, 佐々木智大: 地震時の体育館内における天井落下現象の再現解析,日本機械学会第28回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.15-19, (2015). abstract

庄司 香織, 磯部大吾郎, 臼井 基文: 有限要素法を用いた宇宙用大型展開アンテナの熱変形補正解析,日本機械学会第28回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.15-19, (2015). abstract

荻野 弘明, 田中 聖三, 磯部大吾郎: 地震応答・津波作用解析による津波避難ビルの安全性評価,日本機械学会第28回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.15-19, (2015). abstract

三浦 利季,山下 拓三, 磯部大吾郎: 有限要素法を用いた家具・什器の地震時挙動解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第21巻, (2016). abstract

田中 聖三,荻野 弘明, 磯部大吾郎: 津波避難ビルの損傷評価のための津波伝播解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第21巻, (2016). abstract

東 健太, 磯部大吾郎: キーエレメント指標の分散を用いた建物の発破箇所選定方法に関する検討, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第21巻, (2016). abstract

我妻 光太, 磯部大吾郎: 建物の設計強度と進行性崩壊の発生危険度との関連性, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第21巻, (2016). abstract

我妻 光太,磯部大吾郎: 建物の進行性崩壊の発生危険度と許容荷重率との関連性,日本建築学会2016年度大会(九州)学術講演梗概集, (2016), pp. 357-358. abstract

磯部大吾郎,片桐 雅人: 地震動下におけるRC 造建物内のドア枠変形挙動解析,日本建築学会2016年度大会(九州)学術講演梗概集, (2016), pp. 1185-1186. abstract

東 健太,磯部大吾郎: キーエレメント指標に基づいた発破解体計画手法 その6.分散を用いた発破箇所選定,日本建築学会2016年度大会(九州)学術講演梗概集, (2016), pp. 415-416. abstract

庄司 香織, 磯部大吾郎, 臼井 基文: 高効率な熱変形補正を目的としたモジュール型展開アンテナのデザインの検討,日本機械学会第29回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.16-4, (2016). abstract

大屋 朋子, 浅井 光輝, 伊津野和行, 磯部大吾郎: 粒子法による流体剛体連成解析法による橋梁流出シミュレーションとV&V,日本機械学会第29回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.16-4, (2016). abstract

大井 康平,磯部大吾郎: キーエレメント指標と火災時の建物の崩壊危険性の関連性について,日本機械学会第29回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.16-4, (2016). abstract

藤原 嵩士, 磯部大吾郎, 田川 浩之, 山下 拓三, 佐々木智大: 吊りボルトと構造ブレース材の座屈を考慮した吊り天井を有する体育館の地震時挙動解析,日本機械学会第29回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.16-4, (2016). abstract

我妻 光太, 磯部大吾郎: キーエレメント指標と進行性崩壊の危険性との関連, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第22巻, (2017). abstract

庄司 香織, 磯部大吾郎, 臼井 基文: 熱変形補正を重視した宇宙用大型展開アンテナのデザインに関する基礎的検討,計算工学講演会論文集CD-ROM, 第22巻, (2017). abstract

東 健太, 磯部大吾郎:スパン数の異なる建物におけるキーエレメント指標の分散を用いた発破解体計画, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第22巻, (2017). abstract

三浦 利季,山下 拓三, 磯部大吾郎: RC建物内に配置した家具の地震時挙動解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第22巻, (2017). abstract

小林 康一,磯部大吾郎: 耐震対策が施された家具の地震時挙動解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第22巻, (2017). abstract

佐藤 和輝,磯部大吾郎: RC造建物内のドアに関する地震時挙動解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第22巻, (2017). abstract

大野 剛義,田中 聖三, 磯部大吾郎: 津波波力による体育館の崩壊解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第22巻, (2017). abstract

福島 寛二,田中 聖三, 磯部大吾郎: 自由表面を持つ流体中を移動する剛体球の挙動を対象とした3次元流体FEM-個別要素法連成解析, 計算工学講演会論文集CD-ROM, 第22巻, (2017). abstract

我妻 光太,磯部大吾郎: 建物の進行性崩壊の発生危険度とキーエレメント指標との関連性,日本建築学会2017年度大会(中国)学術講演梗概集, (2017), pp. 269-270. abstract

東 健太,磯部大吾郎: キーエレメント指標に基づいた発破解体計画手法 その7.スパン数・発破箇所選定方法が異なる場合の比較,日本建築学会2017年度大会(中国)学術講演梗概集, (2017), pp. 271-272. abstract

三浦 利季,山下 拓三, 磯部大吾郎: RC造建物内に配置した家具の地震時挙動に関する有限要素解析, 日本建築学会2017年度大会(中国)学術講演梗概集, (2017), pp. 411-412. abstract

小林 康一,磯部大吾郎: 有限要素解析による家具の耐震対策の検証,日本機械学会第30回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.17-4, (2017). abstract

佐藤 和輝,磯部大吾郎: ドア枠との接触を考慮したドアの地震時挙動解析,日本機械学会第30回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.17-4, (2017). abstract

金野 圭祐,磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いたサーバーラックの地震時挙動解析,日本機械学会第30回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.17-4, (2017). abstract

我妻 光太,磯部大吾郎: 建物の進行性崩壊の危険性と構造強度に関する評価指標との関係,日本機械学会第30回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.17-4, (2017). abstract

東 健太,磯部大吾郎: 建物の解体効率・解体時の安全性向上に向けた発破解体計画の検討,日本機械学会第30回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.17-4, (2017). abstract

庄司 香織, 磯部大吾郎, 臼井 基文: 複数の抑制方法を組み合わせることによる大型宇宙構造物の熱変形補正効果,計算工学講演会論文集CD-ROM, 第23巻, (2018). abstract

前田 弘徳,山下 拓三,磯部大吾郎: 耐震対策を施した吊り天井の地震時挙動解析計算工学講演会論文集CD-ROM, 第23巻, (2018). abstract

原 倖平,浅井 光輝,磯部大吾郎,田中聖三:ASI-Gauss法による阿蘇大橋崩落プロセスの検証,計算工学講演会論文集CD-ROM, 第23巻, (2018). abstract

大村 浩之,磯部大吾郎: 箱型段差吊り天井が取り付けられた音響施設の地震時挙動解析計算工学講演会論文集CD-ROM, 第23巻, (2018). abstract

佐藤 和輝, 磯部大吾郎: 建物内に設置されたドアの地震時変形挙動解析,日本建築学会2018年度大会(東北)学術講演梗概集, (2018), pp. 541-542. abstract

小林 康一,山下 拓三, 内藤 昌彦, 磯部大吾郎: ASI-Gauss法を用いた1方向地震波加振時の家具の挙動解析,日本建築学会2018年度大会(東北)学術講演梗概集, (2018), pp. 543-544. abstract

前田 弘徳, 山下 拓三, 磯部大吾郎: 耐震対策の有無による体育館吊り天井の地震時挙動の比較,日本建築学会2018年度大会(東北)学術講演梗概集, (2018), pp. 549-550. abstract

大村 浩之, 磯部大吾郎: 箱型段差吊り天井の地震時落下挙動解析,日本建築学会2018年度大会(東北)学術講演梗概集, (2018), pp. 1019-1020. abstract

磯部大吾郎: 建築物の崩壊解析手法の開発とその適用例,日本機械学会2018年度年次大会講演論文集 〔2018.9.9-12,吹田〕, No.18-1, (2018), F013004. abstract

大村 浩之,磯部大吾郎: 箱型段差吊り天井を取り付けたコンサートホールの地震時天井脱落シミュレーション,日本機械学会第31回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.18-8, (2018). abstract

原 倖平,浅井 光輝, 磯部大吾郎, 田中 聖三:ASI-Gauss 法による阿蘇大橋崩落プロセスの検証,日本機械学会第31回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.18-8, (2018). abstract

吉見 宙,磯部大吾郎: 阪神・淡路大震災時における阪神高速道路3号神戸線の挙動解析,計算工学講演会論文集CD-ROM, 第24巻, (2019). abstract

武田 拓,磯部大吾郎: 制振ブレースの損傷を考慮した超高層鋼構造骨組の長時間時挙動解析,計算工学講演会論文集CD-ROM, 第24巻, (2019). abstract

大村 浩之,磯部大吾郎: 音響施設における吊り天井の地震時脱落挙動と耐震化方法に関する数値解析的研究,計算工学講演会論文集CD-ROM, 第24巻, (2019). abstract

武田 拓, 磯部大吾郎: 座屈拘束ブレースを設置した超高層鋼構造骨組の長時間地震時挙動解析,日本建築学会2019年度大会(北陸)学術講演梗概集, (2019), pp. 347-348. abstract

大村 浩之, 山下 拓三, 磯部大吾郎: 天井落下シミュレーションを用いた体育館吊り天井の耐震化方法に関する検討,日本建築学会2019年度大会(北陸)学術講演梗概集, (2019), pp. 1009-1010. abstract

金野 圭祐,山下 拓三,磯部大吾郎: ねじのゆるみを考慮した電子装置用ラックの地震時挙動再現解析,日本機械学会第32回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.19-19, (2019). abstract

大村 浩之, 山下 拓三, 磯部大吾郎: 吊り天井脱落解析技術の高精度化および天井耐震化に関する数値解析的検討,日本機械学会第32回計算力学講演会講演論文集CD-ROM, No.19-19, (2019). abstract

磯部大吾郎: 室内被害シミュレーションの高度化研究,日本地震工学会・大会-2019梗概集,(2019). abstract

HOMEへ TOPへ


Patents

特開2001-277161,磯部大吾郎,「有限要素法を用いたマニピュレータの制御方法」

特許第6160859号,新藤 孝志,大倉 廣高,磯部大吾郎,根岸 亮介,「鋼構造物の解体方法」

HOMEへ TOPへ