ASI-Gauss法による骨組構造の地震応答解析コード ASIRES ダウンロードサイト


ASIRESは,筑波大学磯部研究室で開発したASI-Gauss法を用いた骨組構造の地震応答解析コードです.1部材を2つの線形チモシェンコはり要素のみで分割するため,メモリ消費量も計算時間も最小限となります.また,解の収束性も保証されており,高精度な解が得られます.ですから,ご使用のPCで楽々と本格的な解析ができます.弾性・弾塑性,微小変形・大変形,トラス・ラーメン構造の支持点加振問題が解析できます.非線形増分理論としてTotal Lagrangian Formulation (T.L.F.)とUpdated Lagrangian Formulation (U.L.F.)の両方を組み込んでいます.なお,破断および接触は考慮していません.ご使用前には必ずマニュアルをお読みください.

ダウンロードファイル内容
asires.zip ・・・圧縮ファイル 1,279KB (ダウンロード後,解凍してください)

asires.zipの中身
asires_v2_1.exe ・・・解析実行ファイル (ASIRES Ver.2.1)
input.txt ・・・入力データファイル
seismic.dat ・・・地震波データ
output.txt,post.out,eqs.out ・・・出力ファイル
manual.pdf ・・・マニュアル
Graphic.exe ・・・可視化ソフト実行ファイル(post.out,eqs.outを入力データとして使用します)
color_range.txt ・・・可視化ソフト用カラーレンジファイル
glut32.dll ・・・可視化ソフト用ダイナミックライブラリ
manual(Graphic.exe).txt ・・・可視化ソフト用マニュアル

注)解析コードおよびマニュアルは,予告無く改訂されることがあります.ソースコードがお入用の場合には,磯部まで直接ご連絡ください.

2007.10.26改訂:エラー追跡機能を付加しました.マニュアルにエラー対処法を付加しました.(Ver.1.10)
2008.2.14改訂:ねじり定数入力を可能にしました.ソースプログラムを各種コンパイラに対応可能にしました.(Ver.1.12)
2008.9.4改訂:計算精度を指定できるようにしました.(Ver.1.20)
2009.9.29改訂:地震速度・変位の計算法を改訂しました.(Ver.2.00)
2017.3.23 改訂:イタレーション回数を変更,バージョンアップしたコンパイラにより実行ファイルを作成しました.(Ver.2.1)
2017.6.18 改訂:グラフィックソフト"iGraphic.exe"を追加しました

利用規約に同意の上,ダウンロードしてください.

ASIRES Ver.2.1 同意の上ダウンロード(圧縮ファイル1.7MB) 

ソースプログラム ダウンロード(圧縮ファイル15KB) *パスワードが必要です(開発者まで連絡をください)

ASI-Gauss法関連サイト: Seismic DamageSpace Debris ImpactBlast DemolitionAircraft ImpactProgressive Collapse

HOMEへ