非力学現象の偏微分方程式モデリング

学問領域にとらわれない学際的視点から、工学分野の複雑・複合問題を連成問題 (複数の偏微分方程式や数理モデルが連立した系) として捉えなおし、それらを解決するための数理モデリングや解析システムを研究する世界最高レベルの集団をめざしています。
社会的問題が連成問題に関係することは少なくありませんが、例として、以下のような課題に取り組んでいます。

  • 波浪 (流体力学) と構造物 (構造力学) との連成解析システムによる沿岸構造物の高度な減災設計の実現
  • 電熱 (熱力学) と冷却管内流れ (流体力学) との連成解析システムによる火力発電炉の健全性解析
  • 電磁場 (電磁気学) と構造物 (構造力学) との連成解析システムによる機械の振動抑制

このような課題に対し、各学問領域 (機械工学・社会基盤学・建築工学など) の専門家や企業と共同で研究を行い、シミュレーション・数値実験によって問題解決に挑戦します。