Contact information

  • Tel: +81-70-1947-2203
  • E-mail: magome.nozomi.sw@alumni.tsukuba.ac.jp

Academic History

  • Tsurumaru High School, Kagoshima, Japan, March 2017.
  • Bachelor of Engineering, University of Tsukuba - Tsukuba, Japan, March 2022.
    (Bachelor Thesis Title: DEVELOPMENT OF AN ACCURATE FINITE ELEMENT METHOD BASED ON B-SPLINE FUNCTIONS)

Professional History

  • 2023 - Technical Training in The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)
  • 2024.4 - 2027.3 Research Fellowship for Young Scientists (DC1), Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)

Refereed Publications

  1. 馬込望, 三目直登. B-spline 関数を導入した高精度重合メッシュ法, 日本計算工学会論文集, Vol.2022, p. 20220015, 2022.
  2. N. Magome, N. Morita, S. Kaneko, N. Mitsume, Higher-continuity s-version of finite element method with b-spline functions, Journal of Computational Physics 497 (2024) 112593. URL: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0021999123006885. doi:https://doi.org/10.1016/j.jcp.2023.112593. (arXiv: https://doi.org/10.48550/arXiv.2310.04011)
  3. 馬込望, 森田直樹, 三目直登. グラフ構造に基づく B-spline 重合メッシュ法の領域分割型並列解析, 日本計算工学会論文集(under review)

Non-Refereed Publications

  1.  馬込望,三目直登.B-spline 関数を導入した高精度重合メッシュ法の開発,計算工学講演会論文集,Vol.27,pp. 1149-1153,2022年.
  2. 馬込望,三目直登.不連続関数の数値積分を回避するための B-spline 重合メッシュ法,理論応用力学講演会講演論文集 第66回理論応用力学講演会,p. 9,2022年.
  3. 馬込望,森田直樹,三目直登.高精度重合メッシュ法を用いた領域分割型並列流体解析,計算力学講演会講演論文集,Vol. 2022.35,pp. 21-04,2022年.

International Conferences

  1. N. Magome, N. Mitsume. S-Version of Finite Element Method Using B-Spline Basis Function for FSI Analysis, 15th World Congress on Computation Mechanics & 8th Asian Pacific Congress on Computation Mechanics (WCCM-APCOM 2022), Yokohama, Japan, 31 July-August 5, 2022.
  2. N. Magome, N. Morita, N. Mitsume. Large-Scale Parallel Fluid Analysis Based on Domain Decomposition Using B-spline S-Version of Finite Element Method, CFC 2023, Cannes, France, April 25-28, 2023.
  3. N. Magome, N. Morita, N. Mitsume. Thorough Verification of B-spline Based S-Version of Finite Element Method, USNCCM2023, Albuquerque, New Mexico, USA, July 23-27, 2023.
  4. N. Mitsume, N. Morita, N. Magome, K. Tanaka. Geometric domain decomposition based versatile parallel framework for coupled problems on disaster mitigations, ACM2023, Austin, US, October 2023.

Domestic Conferences

  1. 馬込望,三目直登.B-spline関数を導入した高精度重合メッシュ法の開発.第27回計算工学講演会,秋田,2022年6月.
  2. 馬込望,三目直登.不連続関数の数値積分を回避するための B-spline 重合メッシュ法.第66回理論応用力学講演会,オンライン開催,2022年6月.
  3. 馬込望,森田直樹,三目直登.高精度重合メッシュ法を用いた領域分割型並列流体解析, 日本機械学会 第35回計算力学講演会(CMD2022), online, 2022年11月. (日本機械学会若手優秀講演フェロー賞受賞)
  4. 塚本顕成,馬込望,三目直登.高次有限要素を用いた Helmholtz 方程式の大規模並列解析,第28回計算工学講演会,つくば,2023年6月.
  5. 馬込望,森田直樹,三目直登.B-spline関数を導入した重合メッシュ法の開発と検証,第28回計算工学講演会,つくば,2023年6月.
  6. 馬込望.B-spline based s-version of FEM の領域分割型並列解析への拡張,マルチメソッド・新数値解析手法開拓研究会,第5回研究会,日本計算工学会,2023年6月.(Invited Talks)
  7. 馬込望,森田直樹,三目直登.B-spline 関数を用いた重合メッシュ法の定量的精度評価,JSCES 夏季学生講演会 2023,つくば,2023年9月.
  8. 馬込望,森田直樹,金子栄樹,三目直登.B-spline 重合メッシュ法を用いた領域分割型並列流体解析,第36回計算力学講演会,愛知・豊橋, 2023年10月.

Awards

  1. JSME Young Engineers Award 2022 (CMD2022).

Academic Societies

  • 2022 - The Japan Society for Computational Engineering and Science (JSCES)
  • 2022 - The Japan Society of Mechanical Engineers (JSME)

Academic Societies Officers

  1. 2023 - JSCES, member of the committee "マルチメソッド・新数値解析手法開拓研究会"

Grants and scholarships

  1. 馬込望.室内における太陽光の lightfield から最適化された太陽電池の形状模索と試作,筑波大学先導的研究者体験プログラム,種目C,2018年,認定額3万円.
  2. 馬込望.道路の太陽電池化に向けた、光透過性を持つ新たな道路舗装材の探索及び生成と評価,筑波大学先導的研究者体験プログラム,種目B,2019年,認定額10万円.
  3. 令和5年度海外留学支援事業海外学会等参加支援プログラム採択,CFC 2023,2023年,認定額15万円.
  4. FY2024 DC1 Research Fellowships, 包括的バイオミメティクス設計を実現するバーチャル自由飛行環境の創成, Fellowship tenure 1/Apr/2024~31/Mar/2027. (Selected for fellowship)

Teaching Experience

  1. Teaching Assistant. Numerical Computation (Assistant Professor Mitsume), University of Tsukuba, FallABC, 2022.
  2. Teaching Assistant. Advanced Laboratory of Mechanics Engineering and Energy (Associate Professor Shirakawa), University of Tsukuba, SpringABC, 2023.
  3. Teaching Assistant. Numerical Computation (Assistant Professor Mitsume), University of Tsukuba, FallABC, 2023.

Others

  1. S. Uzawa, T. Igarashi, K. Takazawa, N. Magome, Y. Ochiai. Novel structure using quasirigid folding of voxel in Ron Resch pattern, SIGGRAPH Asia 2018 Posters, pp. 1-2, 2018.
  2. 「工学システム×理系女子大生トークセッション」出演,筑波大学工学システム学類主催,2022年.

連絡先

  • Tel: 070-1947-2203
  • E-mail: magome.nozomi.sw@alumni.tsukuba.ac.jp

学歴

  • 2017.3 鹿児島県立鶴丸高等学校 卒業
  • 2022.3 筑波大学理工学群工学システム学類 卒業(学位論文:B-spline関数を導入した高精度有限要素法の開発)
  • 2022.4 筑波大学大学院理工生命情報学術院システム情報工学研究群構造エネルギー工学学位プログラム 入学

職歴

  • 2023 - 国立研究開発法人産業技術総合研究所 技術研修員
  • 2024.4 - 2027.3 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員 DC1

査読付き学術論文

  1. 馬込望, 三目直登. B-spline 関数を導入した高精度重合メッシュ法, 日本計算工学会論文集, Vol.2022, p. 20220015, 2022.
  2. N. Magome, N. Morita, S. Kaneko, N. Mitsume, Higher-continuity s-version of finite element method with b-spline functions, Journal of Computational Physics 497 (2024) 112593. URL: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0021999123006885. doi:https://doi.org/10.1016/j.jcp.2023.112593. (arXiv: https://doi.org/10.48550/arXiv.2310.04011)
  3. 馬込望, 森田直樹, 三目直登. グラフ構造に基づく B-spline 重合メッシュ法の領域分割型並列解析, 日本計算工学会論文集(査読中)

査読なし学術論文

  1.  馬込望,三目直登.B-spline 関数を導入した高精度重合メッシュ法の開発,計算工学講演会論文集,Vol. 27,pp. 1149-1153,2022年.
  2. 馬込望,三目直登.不連続関数の数値積分を回避するための B-spline 重合メッシュ法,理論応用力学講演会講演論文集 第66回理論応用力学講演会,p. 9,2022年.
  3. 馬込望,森田直樹,三目直登.高精度重合メッシュ法を用いた領域分割型並列流体解析,計算力学講演会講演論文集,Vol. 2022.35,pp. 21-04,2022年.

国際会議における発表

  1. N. Magome, N. Mitsume. S-Version of Finite Element Method Using B-Spline Basis Function for FSI Analysis, 15th World Congress on Computation Mechanics & 8th Asian Pacific Congress on Computation Mechanics (WCCM-APCOM 2022), Yokohama, Japan, 31 July-August 5, 2022.
  2. N. Magome, N. Morita, N. Mitsume. Large-Scale Parallel Fluid Analysis Based on Domain Decomposition Using B-spline S-Version of Finite Element Method, CFC 2023, Cannes, France, April 25-28, 2023.
  3. N. Magome, N. Morita, N. Mitsume. Thorough Verification of B-spline Based S-Version of Finite Element Method, USNCCM2023, Albuquerque, New Mexico, USA, July 23-27, 2023.
  4. N. Mitsume, N. Morita, N. Magome, K. Tanaka. Geometric domain decomposition based versatile parallel framework for coupled problems on disaster mitigations, ACM2023, Austin, US, October 2023.

国内会議における発表

  1. 馬込望,三目直登.B-spline関数を導入した高精度重合メッシュ法の開発.第27回計算工学講演会,秋田,2022年6月.
  2. 馬込望,三目直登.不連続関数の数値積分を回避するための B-spline 重合メッシュ法.第66回理論応用力学講演会,オンライン開催,2022年6月.
  3. 馬込望,森田直樹,三目直登.高精度重合メッシュ法を用いた領域分割型並列流体解析, 日本機械学会 第35回計算力学講演会(CMD2022), online, 2022年11月. (日本機械学会若手優秀講演フェロー賞受賞)
  4. 塚本顕成,馬込望,三目直登.高次有限要素を用いた Helmholtz 方程式の大規模並列解析,第28回計算工学講演会,つくば,2023年6月.
  5. 馬込望,森田直樹,三目直登.B-spline関数を導入した重合メッシュ法の開発と検証,第28回計算工学講演会,つくば,2023年6月.
  6. 馬込望.B-spline based s-version of FEM の領域分割型並列解析への拡張,マルチメソッド・新数値解析手法開拓研究会,第5回研究会,日本計算工学会,2023年6月.(招待講演)
  7. 馬込望,森田直樹,三目直登.B-spline 関数を用いた重合メッシュ法の定量的精度評価,JSCES 夏季学生講演会 2023,つくば,2023年9月.
  8. 馬込望,森田直樹,金子栄樹,三目直登.B-spline 重合メッシュ法を用いた領域分割型並列流体解析,第36回計算力学講演会,愛知・豊橋, 2023年10月.

受賞歴

  1. 馬込望.第35回計算力学講演会 (CMD2022),日本機械学会若手優秀講演フェロー賞,高精度重合メッシュ法を用いた領域分割型並列流体解析,一般社団法人日本機械学会,2022年.

所属学会

  • 2022 - 日本計算工学会
  • 2022 - 日本機械学会

学協会役員

  1. 2023 - 日本計算工学会 マルチメソッド・新数値解析手法開拓研究会 委員

獲得予算

  1. 馬込望.室内における太陽光の lightfield から最適化された太陽電池の形状模索と試作,筑波大学先導的研究者体験プログラム,種目C,2018年,認定額3万円.
  2. 馬込望.道路の太陽電池化に向けた、光透過性を持つ新たな道路舗装材の探索及び生成と評価,筑波大学先導的研究者体験プログラム,種目B,2019年,認定額10万円.
  3. 令和5年度海外留学支援事業海外学会等参加支援プログラム採択,CFC 2023,2023年,認定額15万円.
  4. 馬込望.包括的バイオミメティクス設計を実現するバーチャル自由飛行環境の創成.独立行政法人日本学術振興会,2024年度 特別研究員-DC1,採用期間 2024年4月1日~2027年3月31日.(採用内定)

教育活動

  1. 三目助教.数値計算法,筑波大学,2022年秋,ティーチングアシスタント担当.
  2. 白川直樹准教授.エネルギー・メカニクス専門実験,筑波大学,2023年春,ティーチングアシスタント.
  3. 三目助教.数値計算法,筑波大学,2023年秋,ティーチングアシスタント担当.

その他(アウトリーチ活動等)

  1. S. Uzawa, T. Igarashi, K. Takazawa, N. Magome, Y. Ochiai. Novel structure using quasirigid folding of voxel in Ron Resch pattern, SIGGRAPH Asia 2018 Posters, pp. 1-2, 2018.
  2. 「工学システム×理系女子大生トークセッション」出演,筑波大学工学システム学類主催,2022年.