■■■このサイトは,こちらに移動しました■■■
■■■以下は,2018/7/23時点のものです■■■

             筑波大学 構造エネルギー工学専攻
              構造動力学研究室

地震動の性質と建物被害の関係を探求し,それを地震災害軽減に結びつけるための研究を行っています(具体的な内容はこちら).  ※メディア等の皆様へ
────────────────────────────────────────
研究テーマ 地震被害調査 地震動解析  震度関係  コラム (2018.7.23更新)
─────────────────最近の記事──────────────────
震度5以上の地震が発生したとき発生した地震動の解析結果を速報します
大阪府北部の地震のまとめ
熊本地震でわかったこと
耐震性能が最低レベルの実大木造建物に東日本大震災の強震記録を入力した振動実験
東日本大震災で揺れによる建物被害がさほど大きくなかった理由
つづき
──────────────────────────────────────── メンバー  その他の地震防災に関する記事  論文リスト  地震動デモンストレーション 研究室について  ディザスタ制御学域  身近な地震防災  アクセス  TX情報  講義  メディア等  境有紀のページ 



画面にカーソルを近づけるとコメントが現れ,クリックすると関連するページにジャンプします.


(since 12:03 6/3/2003)