お知らせ 研究会 委員 活動報告 リンク
正式名称: 日本ロボット学会 手の巧みさ研究専門委員会 (Special Interest Group on Dexterity in Hand) 目的: 「手」はヒトの知や器用さが最も顕著に表れる身体部位である.ところが,手そのものや,手と脳との関連, さらに手を通して表現される巧みさや知を理解しようとした場合,以下のような多くの関連分野・学際分野の 共同研究や協力が必要となる. (1)運動生理学,脳生理学,理学療法・リハビリテーション学. (2)霊長類学,自然人類学,動物学. (3)心理学,認知科学,教育学. (4)舞踊,工芸,音楽,マジック,芸術,芸能,スポーツ運動学. (5)計算論的脳科学,生体工学,画像処理,バイオメカニクス,ロボティクス,制御工学 などが該当する. 「手」を理解し,また,工学応用に結びつけるためには,「手」に関わる多分野の研究者を結びつけるような 研究委員会が不可欠である.手の巧みさ研究専門委員会では,人間と機械の「手」に関する学際分野・分野横断 的な研究会の開催や討論などを通して,ヒトの手における器用さとは何か,巧みな動作をヒトがどのように獲得 しているかについての洞察を深め,また,ロボットハンド・マニプレーション技術への応用に関する新しい知見 を模索する. 問い合わせ先: 筑波大学大学院システム情報工学研究科 星野聖(hoshinoesys.tsukuba.ac.jp)