- 機械工学・建築工学・土木工学・航空宇宙工学・原子力工学・電気工学 -
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 構造エネルギー工学専攻:機械・土木・建築・航空・宇宙・原子力・電気・環境・エネルギー:修士課程・博士課程・追加募集
EME_logo:機械工学科・建築学科・土木工学科・航空宇宙工学科・原子力工学科・電気工学科の融合体
ロケットコンテストで優勝

学生団体筑波大学宇宙技術プロジェクト(STEP)が第三回種子島ロケットコンテスト、ロケット部門(滞空・定点回収競技)にて優勝

宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センター主催の第3回種子島ロケットコンテストが鹿児島県種子島宇宙センターにて2007年3月23日、24日に開催されました。学生団体筑波大学宇宙技術プロジェクト(STEP)に所属する秋葉宗利氏(工学システム学類2年)、浅井英介氏(工学システム学類1年)、岡田悠図氏(工学システム学類2年)、杉田栄彦氏(工学システム学類1年)、関口裕也氏(工学システム学類2年)が参加し、岡田氏製作モデルにて、ロケット部門(滞空・定点回収競技)で優勝しました。

このコンテストの目的は、モデルロケット等の開発、製作、打ち上げを通して宇宙工学に対する理解を深めることにあります。ロケット部門の滞空・定点回収競技では、打上から着地までの滞空時間、打上地点から着地点までの距離、ならびに機体プレゼンテーション内容によって総合的に審査されます。落下地点が予測困難な強風下での競技となりましたが、適切な発射角・方位の設定を行い、発射台近傍での回収に成功し、受賞となりました。

前列左から、岡田氏、杉田氏、後列左から浅井氏、関口氏、秋葉氏

 

筑波大学から出場したロケット(右端が優勝機体)

 

種子島宇宙センター竹崎射場近くの会場

 

審査員への機体プレゼンテーション

 

表彰式

 

種子島宇宙センター大崎射場にて記念撮影

 

Copyright 2010 All Right Reserved. University of Tsukuba, Graduate School of Systems and Information Engineering
Tennodai 1-1-1, Tsukuba, Ibaraki, 305-8573, Japan